11/9椛島恵美さん・大森真理子さんライブ

11/9(水)、板橋ファイト!にて ”Autumn Smiling!"企画 「大森真理子×椛島恵美」ライブがありました。この日は木枯らしが吹き、一層秋から冬へ季節が進んだ夜。

治療専念のため残りのライブが少なくなり、メモリアルな場面が多くなったえみちさん、この日も感動のステージが堪能できました。

※看板はTueになってますがWedの間違い。

板橋ファイト!。なんか歴史ありそうな箱ですね~昭和の喫茶店みたいな佇まいで、中はすぐに見下ろせるステージと客席。会場はすぐに満席となりました。調べたら2016年オープン。全然古くないではないですか。http://fight-fight.jp/

夏も新宿御苑でのSummer Smilingを拝見し、今回2人の競演を聴くのは2回目となりました。

 (春のSmilingを聴けなかったのは残念)

さて、まずは2人が登場。椛島さんがピアノ、大森さんがフルートのセッション「秋桜」(山口百恵)。2人のいきなりの生演奏が冴えわたります。初っ端から泣かせます。

次に大森真理子さんが最初の出番。サポートピアニストは長身の吉野ユウヤさん。テレビCMや歌手への楽曲提供など、すごい実績のあるかたです。http://yoshinoyuya.com

ピアノとフルートの華麗なJazzスタンダード「枯葉」、フルートを外せば透明感と力のあるボーカル、大森さんは素敵ですね。「今日も地球は回る〜100年後の君へ〜」「Abyss」「Treasure」「きっと明日はSunny Day!」アップな曲もバラードも楽しく聴けました。Treasureのときのファンの盛り上がりすごいですね。最後えみちさんの新たなる始まりを想って「Starting Over」。素晴らしいステージでした。

2番手は椛島恵美さん。頂いたフライヤーは前回同様カラー版のもの。今日を入れてあと3回!静かに曲が始まる。。。「祈り(インスト)」静寂のなか緊張感のあるサウンド。息を殺して聴き入ります。「泣きましょう(朗読)」心の中でえみちさんが歌っているのがわかります。続いて「音楽」弾むようにピアノ・お客さんもノってます。”おーんがく おーんがく おーんがく ・・・”みんなで大合唱!盛り上がりました。「リズム」えみちさんが様々なリズムでピアノを鳴らし、それに合わせてお客さんが手拍子するという、学校の授業みたいな?ことをやりました。

そしてえみちさん、真理子さんへと手紙を朗読~復帰のときは必ずまた一緒にライブをと…泣けます。そして「message(朗読)」。。。で締めくくりました。

Enc.プレゼントコーナーのあと、えみちさんへ様々なアーティストが激励の映像プロジェクター。聞間拓さんとか面白かった。拓さん酔ってましたな。最後のチョモLaラテさんの映像が終わるやいなや、ステージの後ろのドアから本人が花束を持って登場! ステージの後ろって屋外だった。寒かったろうな。。。えみちさん感動!!もうメロメロでした。最後の2曲「桜時計/大森真理子」「ヒカリの絨毯/椛島恵美」唄:大森真理子 演奏:椛島恵美。ヒカリの絨毯では真理子さん歌忘れちゃったりして、ヒトの歌は難しいですよね。茶目っ気たっぷりな真理子さんでした。えみちさん泣きながらも最後まで気丈にピアノに専念、怒涛のアンコールからの流れでした。ライブ終了後誰も帰らない。物販すごそうだ。電車もヤバくなったし前回同様早々に引き上げました。


えみちさん、必ず帰ってくるとおっしゃっていました。みんな待っているし、待つことができると思います。

このチケット、ネットで予約して現地で入手。ライブ休憩中にえみちさん本人から「キリさん、ごめんなさい チケットに+2orderと書いてませんでした」と。急に声を掛けていただいてビックリ!!いいのにそんなこと。ありがとうえみちさん。

ishidukuri(キ リ)'s 音楽のWEBLOG

転調とコード進行に興味があるやや音楽系。昨年からインディーズ系ライブに通うように。最近は聴き専門。バラード・ボサノバ系が好み。まれに自作(趣味レベル・非ライブ派。速弾き不可のローテク。編曲に興味あり)MIDI打ち込み・弾き語り等。 (※もし掲載写真に権利上の問題がある、好ましくない、などの場合はご指摘ください。指摘され次第 訂正あるいは削除いたします。)

0コメント

  • 1000 / 1000