BLOG

10/19(木)、銀座Miiya Cafe「サンストーン~輝きのメロディ~」。RIKUさん・翔美さん・松岡美穂さん・絵仁(えに)さん・今井里歩さんが出演されました。仕事で遅れまして、松岡美穂さんのステージ終盤に到着しました。

ここのところ、ずっと季節外れの寒風と雨が続きます。仕事を終え銀座の当地へ向かうとそこは音楽に包まれた別世界。間に合った。。

到着すると3番手の松岡美穂さんのステージ。入口付近の客席の後ろで出番を待つマスク姿の今井さんと眼が会いました。調子どうかな。。

松岡美穂さんのギターをしばらく聴いていました。すごい熱唱していますね!ギターも表現力があります。

4番手の絵仁さん。今日はハロウィン衣装ということで白雪姫でした。SSWということですがアイドル系? サーチライトを持ったお客さんや手拍子のリズムが完璧のお客さんがいたので根強いファンがいるようです。

トリの今井さんのステージ開始。

①good day  (Pf.+オケ)

②rainball   (オケ+ハンドマイク)

③例えばそれが (Pf.)

④アルイテユケル (Pf.)

⑤shine again (Pf.+オケ)

⑥Enc.おやすみ (Pf.)

グランドピアノの屋根の真ん前で聴く今井さんの歌とピアノの音にうっとりします。①good dayは普段は最後に持って行く曲。②はステージの前に出てハンドマイクで。今日も雨の日ということでrainball。この前のひまわり広場でも雨に似合う曲として歌ってくれました。振付けも素敵。言うなれば「今井版『雨の慕情』」(※実際の楽曲は昭和歌謡調ではなくJ-POPです)。③④は弾き語りで。1フレーズ、1フレーズが意味深い曲です。なんでこんないい曲や詞が作れるのでしょう。今井さんの音楽を通じた人々のつながり感、一体感を覚えます。⑤は今日取って置きのラスト。今までバンドで披露してきた曲です。オケをバックに今日は1人での演奏。何度か聴いていますが、メロディが予想できなくて難しい!Aメロ・Bメロ・サビ・Cメロ・・一筋縄では終わらない色々な展開が合わさった曲です。でも今井さんの前向きな気持ちを、逆境をバネにするようなエネルギーを感じる1曲でした。今井ワールド全開!アンコールでは今日は平日でお疲れのところ、ゆっくり休んでくださいということで おやすみ。この曲全部で7分あるということで短縮バージョンでした。そんなに長かったでしたか。

終演後、今井さんやいつものファンの方との語らい。このひと時がめちゃめちゃ楽しい(その前に新規やたまにしか来られないお客さんのために時間を空けるという配慮も忘れてはならない)。人の顔はアシンメトリーだから撮られる方向で顔つきがいろいろ変るなど。実際、この上の写真、かなりいつもと違います。今井さんの写真を見ていつも思うのは、口角があがっていることです。口角が上がっている人は前向きになれると思います。実際前向きに見えます。下がっていると表情が貧相で幸せまで逃げてしまうと思います。自分も敢えて辛いとき、今井さんを見習って口角を上げるようになってきました。笑う門には福来る。そのほうがいいと思います。まだ口が疲れますけどね。。。

最後、今井さんに音楽性について色々聞かせてもらいました。1枚目と2枚目のアルバムの歌い方についてや今後の方向について、2枚目のアルバムは何故ハモを多用しなかったかなど。なかなか勉強になりました。先日ツィートで「本物になりたい」という旨の投稿がありました。飽くなき向上心を感じます。今日より明日、明日より明後日、という日々の進化を感じました。貴重なお話ありがとうございます。

分かれ間際、ハイタッチを外して「へたくそー」と言われました。なんか嬉しい。



10/18(水)、GRAPES北参道「ガチンコシングクラブVOL.2」。前澤光(ひかり)さん・響(ひびき)、さん・玖咲舞さんが出演されました。

玖咲さんの企画、前回は2月に行ったそうです。実力派シンガーを集めてガチンコでパワーある歌をお届けする企画。2回目の今回、VOL.2は「ボリューム2」ではなく「ボルテージ2」の略だそうです。ボルテージ全開!エネルギー充填120%!

トップバッターは初見の前澤光さん。Pf.Ba.Dr.のサポートでハンドマイクで歌いました。大人っぽくサラリとした雰囲気の歌い方です。こんな素敵な夜が似合うステージで映えますね。玖咲さんとは自らのライブで、数年前に〇〇の〇〇の関係で知り合ったそうです。(〇〇は本人に確認してください笑)

2番手は初見の響、さん。ピアノ弾き語り女性SSW。不勉強でしたが、グループ名かと思って複数いらっしゃるのかと思いました。この人も声量が抜群、ピアノも輝くような音色でスタインウェイが喜んでしまうような、名前の通りまさに響きわたっていました。すごい。終演後、思わずよかったと声をかけさせていただきましたが、時間なく。。

トリはまいたそ。今日はチェロの安藤葉月さん(はーちゃん)がサポート参加でした。

①インソムニア

②あの子

③引鉄は貴方が

④鍵穴

⑤メメント

⑥愛の宿

⑦Enc.ただの女の子

Pf.玖咲舞 Vc.安藤葉月 (⑥のみPf.玖咲舞)

今日の企画に取って置きの演奏。まいたその美声にとピアノの音色をチェロのカバーリングが覆う。間奏ではチェロのソロがレガートっぽく川の流れのように柔らかい。はーちゃんのチェロは変に自己主張せず、徹している感があります。先輩後輩の間柄が現れます。⑥愛の宿は独りで。アンコールの前に今日まいたそから重大発表があると事前告知がありました。今後の活動についてです。ここでは細かくは触れませんが音楽が好き、ライブが好きというまいたその思いは変わらないということです(詳しくは本人から告知があると思います)。アンコール「ただの女の子」は、音楽の専門家で身を立てようとしている自分と本当の自分、周囲から見た自分とのギャップが交錯した感情を歌にしたようです。一瞬一瞬が大切な25歳の精神(「精神」というとなんか違うかな⇒やはり「剥き出しの思い」かな)、そして「愛の宿」で歌われた等身大の”愛とはなんぞや”が感じ取れました。ココロとカラダがくっついたり、離れたり。どうでもよくなったり、考え込んだり。「イノチケズッテマス。」刃物のように鋭利で感受性豊かなまいたその音楽にまた一歩近づいた夜でした。

鋭敏で素晴らしいセンスがあり、自分も聴きこんでしまっている。。。今後もまいたそを応援していきまっせ!はーちゃんもお疲れ様!直前のツィートでは体調を崩しているようで。薬で耐えた夜だったと思います。演奏中の表情でも心配でした。おふたりとも出番を無事に終えてよかったです。ゆっくり休んでください。

10/17(火)、代官山NOMAD「NOMAD presents I LOVE a Piano Vol.1」。笑子さん・RENAさん・真島梓さん・akane.さん・たきざわさとみさんが出演されました。

NOMADスタッフが新体制となって初めてのさとみさんのライブでした。行ってみると、看板もここでは初めて見るボードになっていました。受付の女性、あのかたが新しくスタッフになられたSSWのUtaco.さん?中に入るといつものNOMAD。今日はこのところの季節外れの寒波によりダダさむ。。中の暖房が心地よい。いや効きすぎで暑いくらい。

トップバッターは笑子(えみこ)さん。Key.サポートにAkane.さんを迎えてハンドマイクで。若干ハスキーな声、カバーでLA・LA・LA・LOVE SONGのような歌ったのは我々の世代に合わせてでしょうか笑。

2番手はRENA(齊藤怜奈)さん。カラオケの世界大会で受賞歴があったり、プロ野球で国歌斉唱をしたこともあるという歌唱力抜群のピアノ弾き語りSSW。ものすごいパワーと高さのあるボーカル、めちゃくちゃすごいとしか言いようがない。大会で賞をもらえるレベルなのも頷けます。頭から抜けるような高音もコブシを効かせた太い声も思いのまま。素晴らしかったです。ご自分で持ち込みのKey.(JUNO-DS)での鍵盤裁きもよかった。


3番手は真島梓さん。新潟県からやってきたというピアノ弾き語りSSW。ブラックな服装でワイルドや歌や女の子っぽい歌まで幅広い。ピアノも自由闊達で上手い。

4番手はAkane.さん。”夢見るシンガーソングライター”。1番手の笑子さんのサポートもあり、弾き語りもあり。メガネがトレードマーク。水道橋Wordsで遅れて行ったときお見掛けしました。あの時は間に合わなかったけど、今日は空想乙女系の歌が聴けました。

トリはさとみさん。

①笑え

②canvas

③このままじゃ

④さよならの日

⑤旅人

⑥Enc.しあわせに、ありがとう。

さとみさんを代表するナンバーからのセトリでした。最後は「人生生きていればいろんなことがあると思います。道に迷ったときに誰かの『道しるべ』になればいいなと思って書いた曲です」のセリフで始まる旅人。やはり声が綺麗に出ています。最後のアンコールで歌ってくれた しあわせに、ありがとう。は9月の水道橋Wordsでも披露してくれました。感動しますね。うるっときました。

座った位置が同じだったこともあり、2016/6/23に初めてNOMADに来た時を思い出します。さとみさんの歌が聴きたくて予約しました。このときは今井里歩さん・木下直子さん(CA)・たきざわさとみさん・884(はやし)さん・吉川MANAさん・meecoさんの顔ぶれ。今井さんや木下さんは今もライブで聴いたりしますし、吉川さんは活動休止前関東最後のライブという節目でした。884さんは長野出身でさとみさんとは昔から交流のある人。今考えるとすごいメンツだと思ってしまいます。このライブに行ったか行かないかが、それこそ「道しるべ」になったような気がします。そんなタイミングの中歌うさとみさんはやはり自分の中では最高レベルのアーティストであり、今後も音楽を続けて行ってほしい人でもあります。続けていって我々を感動し続けさせてください!


10/16(月)、吉祥寺スターパインズカフェでの玖咲舞さんのライブに行きました。

スターパインズカフェは初めて来訪します。10月とは思えない冷たい雨の中、急遽行こうと思ったのは、まいたそも自分もこの場所が初めてで、初めてつながりに妙に共感を覚えたのと、どんな箱でどんな素敵な歌が聴けるのかワクワク感があったことです。

立地的にも駅に近い。吉祥寺は昔仕事で結構訪れていたので土地勘もかなりあります(特に北口)。1997年のオープンから20周年ということですか。ちょうど吉祥寺に仕事で毎月のように行っていた時期ですね。あれからほとんど吉祥寺は行かなくなりました。今年は3月に他のアーティストのワンマンに行って以来です。

スターパインズカフェはビル地下への階段。入口の受付を通ると、吹き抜けで下が見下ろせる2階席と、ステージがある1階席があります。なんてオシャレな!南青山のMANDALAみたい。あ、ここはMANDALA系列だ。似ている訳です。ステージにはグランドピアノが聳え立ち、風格さえあります。1階の一番前の席に座ることができました。ステージをやや見上げる形です。

トップバッターのまいたそ。

①インソムニア

②引鉄は貴方が

③メメント

④あの子

⑤愛の宿

この地の演奏を聴いて、「おや?」と思いました。座った位置によるのかもしれませんが、ピアノの音(高音)がコーラスがかかったような二重波形の人工的な鳴り。これは好き嫌いが出そうです。自分は好き嫌いどちらでもない。楽器の低音やボーカルは気になりません。うーん。。

入りのインソムニア。「不眠症の歌」とMCで説明がありました。この曲最近集中して聴いていますが本当に曲がよくできている。抒情的なメロディと歌詞、使用しているコード、終盤の音階の拡がりなど、よく考えられて作られています。こういう曲がまいたその持ち味です。やはりすごい。

引鉄は貴方が。「心中の歌」。セラノでは”降伏”とのメッセージが込められているそうです。照明が赤く照らされ、なんとも絵になる。メメントでも攻撃的なサウンド、あの子「元カノの歌」もいつもながら凄みある演奏と表情、青い照明が映える。そして愛の宿「〇〇ホの歌」もしみじみと聴けました。

今日は予定外の行動だったため、まいたその演奏だけ聴いてこの地を後にしました。この箱でのまいたその初の演奏、自分の初訪問、貴重な経験ができました。極めて短時間でしたがこの空間の楽しみ方もわかりました。本当に行ってよかったと思っています。

さあ冷たい雨の中ですが、いい曲聴けました。帰ります。

10/12(木)、川口キャバリーノ「空色のメロディー #104」。高尾彩佳さん・笠井香奈さん・たきざわさとみさん・ちょめぱんださんが出演されました。

最近キャバリーノ率ド高めの自分。ご贔屓のアーティストがこぞって使う箱なので自然とそうなります。グランドピアノのタッチとかアーティストにとっても音楽がしやすい環境なのかとも思います。自分のようなアコースティック派のお客さんにとってもピッタリです。

今日はピアノの真ん前に席を確保することができました。鍵盤までよく見られる位置です。

2番手の笠井香奈さん。確か4回目の拝見?たぶん全部キャバリーノ。いや、7月にNOMADで拝見していた。9月の草加フリーライブではすれ違いでした。ギターSSW。「sky blue」という曲、一定リズムのストロークの曲ですが、AメロのCM7⇒サビのAM7⇔DM7の繰り返しのコード進行などは自分がよく多用していたもので、妙に共感が持てました。2月に初見で聴いた時よりギターが上手くなっています(僭越ですが)。今日は改めてこのSky blueが収録されたCDを購入。あれ歌詞カードない。まあいいや。MCはいつも面白い。徳島県が出身ということですが、都道府県別人気ランキングをTVで見ていて、徳島県が46位だったそうです。最下位47位だとTVで特集を組んでくれるそうです。中途半端な下位で嘆いていました(後ろで大笑いが聞こえる)。徳島で発見されたダニの話とか太らない体質とかMCに花が咲く。これからドーナツだ!(小麦粉を油で揚げている)10/31のハロウィンの日にバースデーワンマンライブが赤グラであるそうです。ハロウィンパーティーではないので仮装はNGだそうです! 笠井香奈です!笠井香奈です!笠井香奈の笠井は葛西臨海公園の葛西ではなく~。。

3番手はさとみさん。栗色のニットの帽子がかわゆす。

①笑え

②canvas

③グレープ

④このままじゃ

⑤さよならの日

⑥旅人

さとみさんのライブは9/25の恵比寿天窓のバンドライブ以来。あれから2回分行けなくて涙を飲みました。行ける行けないは誰にでもあることなのでしょうがない。「笑え」のイントロのピアノ、なんか久しぶりに聴きます。この後低音が効いた演奏の中に映えるさとみさんの声。這いがって笑え。ここで帽子を脱いで2曲目へ。おなじみの名曲揃い。MCでは今回対バンで一緒になったアーティストのかたがたとはいつ初対面だったかなどのエピソード、3年前の路上ライブで辛かったことで「このままじゃ」が生まれたことなどを話されていました。「さよならの日」でラスト。かと思ったら「旅人」を歌ってくれました。これは素直に嬉しい。眼の前で名曲中の名曲を。何度も聴いていますが何度聴いてもニジュウマル。これを聴かずして一日は終われない。心が洗われた。持ち時間はかなり超過したようですが。

この日トップで歌ってくれた高尾彩佳さん、トリのちょめぱんださんも素敵な歌を披露してくださいました。高尾さんはきりんちゃんの歌が持ち歌、ちょめぱんださんはパンダ好きとあって、さながら動物園みたいな雰囲気もありました。

終演後の物販。上の写真にある3月のワンマンDVD、結構売れてました!さとみさんの人気は相変わらず。さあ11/1ワンマン(キャバリーノ)まであと3週間を切りました。この日はラブソングを封印して「いのち」をテーマにした歌ばかりを歌うそうです。正座して聴くような曲ばかりかもしれませんね。実際正座する場所はありませんが、気持ちだけは真剣に!


10/10(火)、渋谷7th.FLOORにて、「月見うた」。奈良ゆいさん・aroさん・今井里歩さん・河野暁子さんが出演されました。

渋谷・道玄坂を登って10分ぐらい。円山町のラブホ街の中に突如として現れるエンターテイメントの建物の数々。TSUTAYA系列のO-EAST、O-WEST。今日はO-WEST側の7階にある箱でのステージに行きました。対面のO-EASTはもっと大規模で、今日は「ドラムの日」ということでドラムに関連した(と思われる)音楽イベントがあり、周辺道路はお客さんでごった返してました。お客さんも奇抜な格好もいたし、サブカルチャー的にパワースポットな場所だなあとつくづく思いました。それにしても今日は暑い!秋とは思えない汗ばむ陽気。夜になってもモワッとした空気が辺りを包みました。

7th.FLOORの階に上がると、多少使い込んだ建物ではありますが、7階というロケーションを活かして夜景が見える窓がバッチリの素敵なライブハウスでした。ステージにはYAMAHAのグランドピアノ。なんとなく四谷天窓.comfortを連想します。なんともオシャレです。

トップは奈良ゆいさん。ギター弾き語り。大学生?って言ってたかな、若いですね。上の写真2本のギターのうち1本は12弦ギターです。後半3曲は12弦で表現力のある演奏でした。アコギの12弦は1本の指で2本の弦を抑えなくてはならないので結構力が要ります。エレキだったら弦が柔らかいのですが、12弦のアコギを女性が弾くのは結構しんどいんではと思います。指関節を逆に曲げながら一生懸命押さえていたのでつい応援したくなりました。Taylorの12弦は弾きやすいとのことですが、女性では珍しいことです。

2番手はaroさん。ギター弾き語り。3月のキャバリーノ以来2回目の拝見。脚にベルを付け、アコギはやや上に構え、キレイなアルペジオ、時にハーモニクスを使って幻想的な曲を奏でる。カポを8フレットにつける人は見たことがない。山中湖に在住ということですので森の妖精の歌っていう感じですね。

3番手は今井里歩さん。季節は秋なのに今日は汗ばむような空気で、ノースリーブでの登場。Eg.に加茂フミヨシさんがサポート、いつも頼りになります。

①白い月の裏側

②新しいキセツ-ミチ-

③勿忘草

④アルイテユケル

⑤good day

ステージ横の窓から渋谷周辺の夜景が映えます。それもあって今井さんのステージがより魅力的に感じました。入りは月夜が似合う「白い月の裏側」から。明るい月の裏側には暗い裏側があり、様々な明るい出来事の中には無視してはいけない暗い部分もあるということを教えてくれます。「新しいキセツ-ミチ-」では加茂さんのソロが泣かせる!「勿忘草」はライブでは初めて聴きました。マイナー調で切なさあふれる曲。「アルイテユケル」今井さんの名曲中の名曲。今日はこのステージの照明がほの暗く幻想的で曲を演出してくれました。ただ聴き惚れるばかりです。最後はいつもの質問「今日はいい日だったでしょうか?」⇒当然いい日でしょう!

今日のイチ推しのアーティストは、SSW河野暁子さん。ピアノサポートをつけてハンドマイクでの出演。ボーカルめちゃくちゃ上手い!素敵な高音かつ澄んだパワーの効いたボイスで圧倒されっぱなしでした。この人すごい。すごいとしか言いようのない声をしていました。ピアノもメジャーアーティストをサポートしている方で、装飾音が煌びやかで素晴らしい演奏でした。ご本人はバラードをよく歌うと仰っていましたのでフィーリングが自分と合います。曲名はわかりませんが最初にやった3連符のバラードがよかったです。3曲目に歌った「Whiskey Moon」というバラードが収録されたCDを思わず買ってしまいました。月夜にお酒を飲みながら聴きたい(今聴いています!)。なんかチャンスを掴めば大化けするひとだなと思います。物販のとき写真撮りそびれた~仕方ない。また今度ライブに行ってみたい。

いつも素敵な歌を披露してくれる今井さん。今日は全曲グランドピアノの弾き語りでした。加茂さんの泣きのギターも痺れました。今日はシックに抑えめのエフェクトです。今井さん声の調子は前回より少しずつ良くなっているそうです。心に余裕が出てきていい傾向です。終演後の物販時も冒頭の写真のようにオチャメな姿も披露してくれました。Vサインの写真も合わせてどちらも素敵です(今日のお気に入りは冒頭のオチャメ系かな~)。気さくな人柄も好感が持てます。最初お会いした時とは随分印象が変わりました(いい意味で)。お話ししていても面白いです。面白くイジってくれる人がいるので安心です笑。自分自身もすっかり今井さんのライブの常連で、ハマりっぱなしの毎日になりつつあります。うざいかもしれませんが今後もよろ!




10/8(日)、赤坂グラフィティにて「DRAMATIC NIGHT VOL.170『秋の天然水』」。玖咲舞さん・若林美樹さん・絢音さんが出演、3人のスーパーボイスの持ち主が歌唱力を如何なく発揮しました。

さすらい二郎さんのこの企画、今日で170回。第1回は17年前の2000年というから相当な歴史を積み重ねています。今日は赤グラでの開催です。自分は赤グラでの拝見は まいたそのライブでは先月に引き続き、絢音氏の赤グラは昨年10/10、今からほぼ1年前以来でした。

入口で受け付けると二郎さんからハロウィン包装のマシュマロを頂きました(帰りにもうひとつ)。もう10月ということを物語ります。今年ももう終盤か。。

トップは玖咲舞さん。YAMAHA CPでの弾き語り。右手にはこのあと絢音氏のステージで阿部実さんが叩くPer.のセットがあります。

①鍵穴

②メメント

③角砂糖

④あの子

⑤インソムニア

⑥弄る手

⑦愛の宿

先月同様、赤グラの音響は弾き語りでもかなりの重低音。身体にバクバクと響きます。MCではいつもポツポツとしゃべるまいたそですが、結構面白い。演奏中にペダルがずれていって姿勢が前のめりになり、何とか持ちこたえた後のMCでは「ペダルの乱れは心の乱れ」と笑いを取る。歌についてはこの重低音に乗っかって、ノリに乗って歌っていた鍵穴・メメントがカッコいい。ゆったり雰囲気落ち着いた中での角砂糖はほっこりしました。敢えてゆっくり弾くのがグッド。そして あの子での恐さ満点の黒い瞳、弄る手までの若干何小節かのつなぎもありました。弄る手の「もっと奥 もっと奥~」の最後の部分でまいたそが牙を剥くような凄みある表情。そして愛の宿。静かにひたすら聴いていたい。すべてがまいたそのDeepな世界でした。

2番手は若林美樹さん。奈良県出身のSSW。普段はピアノで弾き語りをするそうですが、今日はPf.米町沙織さんがサポートでハンドマイクでのステージ。若干ハスキーなボイス。すごく上手い!スキャット的な歌もジャズボーカル的な歌も相当なレベルです。今日聴いた中では新曲という「星のゆりかご」という歌や「てっぺん」というラグビーをテーマにした歌が印象的でした。若林さん、今日はまいたそがDeepな歌、絢音氏がキラキラ系の歌ということで真ん中を行きますということで、手拍子が楽しい歌や大人っぽく夜が似合う歌と、バランスを考え両者兼ね備えたセットでした。


トリは絢音さん。Pf.杉浦秀明さん、Per.阿部実さんをサポートにつけてのステージ。お馴染み阿部さんとの軽妙なやり取りが面白い。しゃべりすぎと絢音氏が指摘しても止めないで食い込んでくる。この掛け合いも絢音氏ステージの醍醐味というところでしょうか。

①リナリア

②KIRAKIRA

③Time Capsule

④サヨナラなんて言わせない

⑤いくら祈っても

⑥ジャパニーズ・ピザ

⑦僕等はまだ旅の途中

絢音氏のボーカルは実に煌びやか。曲名どおりキラキラしています。ファンが多いのも頷けます。楽しく歌うJ-POPももちろん、すごくキレイに通る声がバラードに似合います。そして極めつけはリナリアと「本命」というジャパピ。対比するようなバラードとみんなで大いに楽しむお好み焼きソング。絢音氏のステージは絢音氏の世界に引きずり込まれますね。本人してやったりでしょう。聴かせて・楽しませてと、エンターテイナーとして一流だと思いました。そしてやっと発売されて少し経つ「ジャパニーズ・ピザ」を購入。楽しく作った曲ですね!絢音氏をライブでサポートするかたも協力して作っていて、絢音氏念願の力作です。

最後は3人でセッション。高橋真梨子「あなたの空を翔びたい」さすらい二郎さんの選曲と思わる昭和歌謡の境地。サビの部分は最初はユニゾン。3人のパワーものすごし!最後のサビでは3声に分かれ、超キレイ。

冒頭でも申し上げましたが、今日は3人のスーパーボーカリストの競演でした。まいたそはもちろんのこと、若林美樹さん、絢音氏。いい意味でバランスの取れた対バンでした。さすらい二郎さんの企画大成功だと思います。またこんなライブを企画して頂けたらと思います。

10/6(金)、明治神宮前ひまわり広場で手をつなごう「僕に青空をくれる人」企画。吉川れいさん・中屋美彩紀さん・今井里歩さん・かわいえいじさんが出演されました。

この場所は8/20以来2回目。明治神宮前駅と渋谷駅のちょうど中間ぐらいの位置にあります。この日は夕方から本格的な雨。ライブが始まる時刻あたりは冷たい土砂降りの雨となりました。タイトルとは大違い。。苦笑

前回は渋谷から北上しましたが、今回は明治神宮前から南下して到着しようと試みました。雨も酷かったし、最短コースで、と思いましたが土地勘がなく道を間違えた💦こんな雨の日に限って。。靴がビショビショになりながらも辿りつきました。今日のアーティスト告知のあるラミネートも水滴がついています。

中に入ればひと安心。アットホームな喫茶店風の佇まい。真ん中に木のテーブルやイスが並びステージは床続き。出演者さんとの距離も近くていい感じです。横には厨房や窓口があります。ここはカレーが美味いそうです。アーティストさんの真ん前の位置に座ることができました。目線が合う合う!

今井さんは3番手で登場。

①lost fish

②今日も明日も

③rainball

④アルイテユケル

⑤good day

冒頭のlost fishはオケで歌うことが多いのですが今日は弾き語りで。雰囲気が違います。最初何の曲かわかりませんでした。弾き語りもいいですね。今日も明日も はお友達の結婚式で歌った曲とのこと。愛の誓いを力強く歌います。この曲本当に好きなんで(コード進行も含め)歌ってくれて本当に嬉しい。MCでは今日の雨にちなみ「今日の雨男か雨女は誰だ~」と今井さんが真っ先に真ん前の自分と眼が会った(オレすか~。今井さんのライブで雨降らしたこと今まで一度もないっすよ!)。の流れで、雨ならではの曲rainball。ハンドマイクとオケでの歌でした。振付もよかったです。そして「私たちは照らし照らされ生きている」との口上からの弾き語りで名曲アルイテユケル。この曲CDで何回聴いたことか。本当に素敵な曲。いつもライブでも聴いてますがいつ聴いても素晴らし。最後は「今日はみなさん いい日でしたか~?」今日は雨でしたけどいい音楽に触れられて元気が出ました!good dayです。オケをバックでの演奏でした。天気に関係なく晴れやかになります。

今日の初めましては2番手で演奏した中屋美彩紀さん。鹿児島県出身の鍵盤SSW。Twitterでは二次元系のイケメンしか出てこない投稿ですが、音楽はいたってそのようなことなく、素敵な声で歌ってくれました。印象的なのは鹿児島県出身ということで、特攻隊の慰霊記念館が当地にあるそうですが、そこに行ったときのことを歌った「空」です。こういうテーマですから重たいかなと思いましたが(決して重たい曲が嫌いというわけではなく寧ろ好きなほうですなのですが)、生々し過ぎない歌詞だったこともかえってよかったと思います。中屋さんの曲では敢えてそう思いました。また会えることを祈っております。

今日も終演後、物販で楽しいひとときを過ごしました。ひとときの体調不良からは少しはよくなった今井さん。今日の雨のようにいつか必ず雨は止みます。体調も必ず良くなりますので。この人の音楽は気分を晴れやかにしてくれます。まさに今日の企画「僕に青空をくれる人」です。青空貰えました。心は一気に雨上がりです! ※次はもう少しオチャメな写真を撮らせてください(笑)

10/5(木)、銀座Miiya Cafe「先生の想い出」。森かおりさん・玖咲舞さん・すずもあゆみさんの3マンステージでした。

Miiya Cafeでの まいたその演奏を聴くのは初めて。そのステージに鎮座するグランドピアノ。弾き語りを存分に楽しむことができました。

トップはギターSSW森かおりさん。昨年4月以来4回目の拝見。声がいい。今回は12ミリグラムはセトリには入っておりませんでしたが、1年半前から憶えている曲は今でも印象に残っています。

2番手は玖咲舞さん。

①オママゴト

②あの子

③引鉄は貴方が

④メメント

⑤鍵穴

⑥愛の宿

前半3曲は以前出したCDの中からの選曲。MCを挟まずに連続。Miiya Cafeのピアノの響きとまいたその声のバランスが絶妙でした。屋根の開いているピアノの目の前で聴くことができたので生音が飛んできたせいもあるかもしれませんが、ピアノのマイクそのものやマイクでの音の拾い方、生音とのミックスを含め、グランドピアノの音響をフルに考えたセッティングなのでしょう。さすが! 後半は7月に発売されたCDからの選曲でした。今日もまいたそ、声が好調で”いい声だなあ~"と思いながら聴き惚れていました。鍵穴とかスゴイきれいな高い声出てましたよ!

トリは ピアノSSWすずもあゆみさん。4月以来2回目の拝見。独特なトリルを使って歌う曲が印象的でした。ピアノも和音が多くてオシャレで素敵。このトリルは元ちとせさんが使っていたしゃっくりみたいな瞬間的な声の裏返りです。常人がマネできることではないです。すごし!

今日10/5は「世界教師デー」という日で、この日を通じて教師への支援と子供たちが十分な教育を受けられるよう支援をしていこうと、ユネスコが推進しているそうです。(全然知らず)というわけで今日のMCのテーマは"先生の想い出"。各出演者さん達は先生に関する想い出を語られました。まいたそは 大学のときの先生との音楽的な関係を想い出深く。

自分も想い出深い先生がいます。高校のときの古文の先生。音楽好きの若い先生で、自分も入っていた音楽系クラブの顧問でもありました。ビートルズやオフコースが好きで、クラブ内のバンドでよくEg.やBa.を引いたり、ときにはDr.やピアノも弾いたりしていました。すなわちマルチプレーヤーです。その先生は夜な夜な学校で8TRのオープンテープのデッキを持ち込んでクラブの部室にある楽器で多重録音、自分の曲をレコードにしたりしていました。自分はそれに強く影響を受けて、多重録音の道にハマりました。8TRは高くて買えなかったので4TRのカセットから入りました。ちょうど安価なシーケンサーやドラムマシンが世の中に現れた頃で、弾けないぶんは機械にお願いしました。こうしてその先生によって自分の打ち込みによる音楽人生が進んでいったのです。その恩師は今どこにいったのやら。。誰か知ってるひとがいたら逢いたい。昔は先生と二人で"想い出がいっぱい"(H2O)をよく歌ったな。。先生まだオレ、ちょっとだけ音楽やってるよ!

9/29(金)、北参道ストロボカフェにて「グルーヴをくらえ」あーたさん・さとう麻衣さん・VOLOMUSIKSさんが出演されました。今日は3組ともバンドライブで熱いステージを繰り広げました。この看板のイナズマ文字がすべてを象徴します。

おなじみのストロボカフェ。今日はステージのグランドピアノが左隅に置かれ、え?ピアノ弾かず?ピアノの上に赤いNordが2台仮置きしてあります。Nord Piano3 (88鍵)とNord STAGE。誰が使うのか?前回のメロトロンは今日はありませんでした。


1番手はあーたさん。ギターSSW。Eg.Ba.Dr.のサポートを受けての熱唱。あーたさんは初見ですが、ステージは是非とも見たかった。シンガー横山ナオさんのアルバム「ジョゼ」の収録曲「雨上がりに」の作曲者であり、非常に曲が気に入っていたので、どんな歌を聴かせてくれるのか興味深々でした。その静かな曲のイメージとは真逆のパワーあふれるボーカル!自分はギターの人だとは全然思ってませんでしたので驚きでした。ああでも声はキュートなハイトーン系、ギターもストロークがめちゃくちゃ上手い。加えて強力なバンドサウンドで魅了しました。ステージ経験が豊富そうですね。お若いようですがおいくつぐらいなんでしょ?今日聴いたなかでは「スノードーム」という曲がよかったので収録されたCDを購入して聴いてます。Baby~!

2番手はさとう麻衣さん。今日はKey.Syn.Cho.平畑徹也さん・Per.田中真二さんという超強力なサポートを交えた麻衣さんの演奏が6/25以来再び観られるということで絶対外せないライブでした。ステージの前にあーたさんのバンドからの大転換!超たいへん!グランドピアノの上にあった2台のNord、88鍵のPiano3 はステージ向かって左に(麻衣さん)、STAGEはステージ右手に(平畑さん)、Per.の田中さんのセットは真ん中に移動されました。そして平畑さんの右手にはもう一つ、昔見覚えのあるシンセが設置されました。スタッフさんも総出で対応していました。

①太陽の花

②シンデレラの憂鬱

③グンマー

④ラブレター

⑤秋

⑥前にしか進めない僕達

⑦グッバイフォーム

出だしは太陽の花。この曲からやっていただけるのですか!嬉しい。夏の終わりを舞台にした壮大なロマンあふれる歌。麻衣さんのまっすぐな美声がステージに響き渡ります。平畑さんのシンセはシンセベースとして使っていました。田中さんのPer.と合わせ分厚いサウンドを展開します。そしてまさかのグンマー!麻衣さんの投稿や群馬でのライブを観ていない人にはあっけに取られた感じでしたでしょうが、麻衣さんの故郷群馬をユーモアたっぷり歌う郷土愛あふれる歌。平畑さんのKey.の速弾きがすごい。みんなで「グンマ~」を大合唱です。自分は口パクでほぼ全部歌ってました。そしてラブレター⇒秋とじっくり聴かせる歌。「遠くなる空を追いかけるけど もう夏は終わってしまった」という歌詞のところ麻衣さんの透き通る声が秋の澄んだ空を連想するほどキレイ。メロディもお気に入りの部分。ここからはアップテンポに攻める2曲。いつも手拍子だけですが、今日は一緒に歌う部分が。最後の部分で「ラーララーラー」を繰り返し。最後はグッバイフォーム。自分を変えてもマイナスやゼロからでも進んでいきたいという猪突猛進のメッセージがこもった麻衣さんらしい歌で締めくくりました。

3番手はVOLOMUSIKS。Vo.Key.Ba.の3人組で今日はDr.のサポートの4人構成での出演。Key.のこまつゆかさん、Vo.のこまつかおりさんは実の姉妹だそうです。確かに見た目の雰囲気は姉・妹という感じです。初見でしたが強烈なロックを展開しますね!Key.についてはこの日もう1台のNord Piano 3がステージに設置され今日はNordの日か!と思うくらい赤い鍵盤が席巻しました。MCによるとKey.のこまつゆかさんが自分の楽器を模索中に平畑さんに勧められてこのNordを購入したということです。もう一台のKey.を上下に設置して両手をクロスして弾くなど自在に操っておりました。Vo.のこまつかおりさんも凄まじいボーカルで圧倒的でした。お客さんの声援もひと際大きかったのも頷けます。帰りがけに素晴らしかったと一声かけてしまいました。

今日の3組は相当の実力を持ったアーティストさん達で、ステージを体感できたのは貴重なことでした。麻衣さんの曲も平畑さん・田中さんのサポートでよりカッコよく、より輝いていました。終演後はGME(9/10Gunma Music Excursion)は大変すばらしかったことや帰りの電車の関係で切り上げてしまったことなどを話しました(でも95%ぐらいはGMEは観れましたよ)。今後もカッコいい麻衣さんを応援していきます!

ストロボカフェの出口で一服していた平畑さんとも少しお話しできました。あのシンセベースで使用したのは往年の名器Roland Juno-106です。あれは自分も昔持っていました。壊れてしまいもうありませんが。。鍵盤は弾けないのでMIDI音源として使用していました。30年以上前に市場に出回ったあのキーボードを大事に使っていらっしゃる。すごいことです。今はチップが故障したりしてメンテが大変だということです。もっと古いJuno-60も探しているそうです。なんかキーボードの語りが多くなってしまいましたが。今日はそんな日でした。

9/27(水)、川口キャバリーノ「Wednesday Night」。misakiさん・花野さん・川本ノルさん・玖咲舞さんの出演でした。

トップバッターはmisakiさん。9/3のWords以来3度目の拝見。「今日は声がカスカス」と、ノドを壊したようです。季節の変わり目ですね。まいたそからノド飴をもらったそうです。多少の声に元気がなかったものの、先日聴けたような輝きのある透き通る声は出ておりました。可愛らしくていい声してますね。声優とかもできるんでは?前回Wordsで遅れてきたときに聴けた「道」などのバラードや、「KANPAI」などお客さんと「かんぱーい!」と楽しむ元気な曲など。ピアノも正確なリズム刻みですごい上手い。本人のTwitterによると、声が出にくい分ピアノに心を込めましたとあります。前回より「道」という歌がよかったので収録されたCDを購入。まずは聴いてみます!

今日の4番手のトリはまいたそ。

①鍵穴

②メメント

③引鉄は貴方が

④かざぐるま

⑤愛の宿

Enc.角砂糖

今日はまいたそ絶好調でした。歌の力がハンパない!ピアノもキャバリーノの音響を活かし心臓にガンガン突いてきます。ファルセット(裏声)も完璧でした。地声並みに強くて倍音が多い裏声。地声からの転換点のひっくり返しに使う”シャクレ”みたいな部分もボーカルのアクセントとして巧みに使っています。このブログでは何度も書くようですがこの人よりファルセットが上手い人はいないんではないかなあと思います。相当練習を積んだと本人は語っています。秋も本格化し、今日を持って今年は歌い納めという かざぐるま もキャバリーノさんの照明がオレンジに変化して夏の終わりの夕暮れを演出。じーんときました。かざぐるま音源は持ってませんが、歌詞を必死にメモりました。覚えますよ!アンコールで何歌おうか迷ってましたけど やはり角砂糖でした。これからの季節、ほっこりとしたこの曲で推していただけたらと思います。

この日、無料音源として物販に寄ったお客さんにCDが配布されました。自分は「引鉄は貴方が」を頂きました。以前のライブ録音ですが、非常にいい感じですね!まいたそはすごい才能の持ち主です。今日は物販席ではまいたそにガッツポーズとグッジョブをしました。素晴らしいステージでした。その余韻に浸っております。。

9/25(月)、恵比寿天窓Switchにて「やす!お誕生日おめでとう!出ずっぱり頑張ってね!」向江陽子さん企画のバンドライブがあり、たきざわさとみさん・柿沼なつみさん・小南千明さん・イトウマサヒロさんが参加されました。

向江さんをいつもサポートしているドラムの坂入康仁さん(ヤスさん)が9/20に誕生日を迎えられ、毎月企画ライブをしている向江さんがヤスさんの誕生日をライブでお祝いしようということで始まった企画。主役のヤスさんが参加アーティストの全曲のドラムを叩いてもらうことになりました。

恵比寿天窓Switchは、4月以来来たので半年ぶり。この看板、風格ありますね。歴史を感じます。向江さんやヤスさんもホームのようにこの箱に出演しているそうです。そして今日のサポートはヤスさんのほか、おなじみのGt.藤代佑太郎さん(シロさん)、Ba.五十嵐顕人さん(あっきーさん)(=この3人で黒組)。向江さんはおなじみPf.Vn.Cho.Vo.といつもの大車輪。そしてさとみさんもバンドライブは3月のワンマン以来(8月のGRAPESはアコースティック編成)。メンバーもワンマンの時ともちろん同じでご本人も非常に楽しみにしているとのことでした。客席は早い時間から超満員!各アーティストの人気の高さが伺えます。また、ヤスさんのお知り合いも多数詰めかけていたことでしょう。

二部構成の第一部開演。向江さん・ヤスさん・あっきーさん・シロさんのサポート4人が登場。続けて参加アーティストが1人ずつ登場。小南千明さん1曲・柿沼なつみさん1曲・たきざわさとみさん1曲①・向江陽子さん1曲「ブルーライト」。4名がローテーションで歌いました。

小南千明さんはダウ(DAW=Ditital Audio Workstation)系SSW。つまりコンピュータの打ち込みを主体としたミュージシャンです。ステージにはPCに繋がれたRoland JD-Xiというキーボード。リードシンセやシーケンスを使ったパターン自動演奏ができたり、マイクがつけられるのでボコーダー機能がついていたりします。それらを駆使していつも打ち込み系で歌っているそうですが、今日はバンドをバックに歌いました。柿沼なつみさんはギターSSW。柿色のドレスを着て元気系の音楽。バンドサウンドで躍動しました。おふたり2~3曲ずつ。

さとみさんの出番。2曲②③。そして小南さん・向江さん「Lime」で第一部終了。

第一部と二部の休憩時間でヤスさんはバーカウンターでビールサーバー係を担当(笑)。休ませないですね。

第二部。S.A(ショートアクト)としてギターSSWイトウマサヒロさんが2曲。イトウさんはヤスさんがたまたま飲み屋で知り合ったアーティストということで、それをきっかけにサポートをしたのが縁だそうです。クールな歌や”明日は明日の風が吹く”的な陽気な歌などをカッコよく歌う人です。そして柿沼さん・さとみさん④・向江さん「白い花束」この曲向江さんのボーカル力強くて高い。ファルセットも相当練習を積んでいると見ました。小南さんが2曲。みんなでヤイヤイヤイヤ~(小南さんの曲ではイトウさんがAg.サポート、さとみさん・柿沼さんがCho.)。最後は向江さん「だいじょうぶ。」で締め。まあ目まぐるしくてメモが取り切れませんでした。全員の曲わかるかた今日のセトリどこかでまとめてほしいです笑。※後で判明したら修正します。

さとみさんのセトリは以下。

第一部①笑え     (ハンドマイク)

   ②秘め事    (Pf.)

   ③グレープ   (Pf.)

第二部④このままじゃ (ハンドマイク)

さとみさんハンドマイクのときは向江さんPf.、Pf.のときはVn.という担当でした。さとみさんのパワーあるボーカルはバンドに負けない力強さがありました。さとみさんは元々ものすごい声量の持ち主なので、バンドサウンドを従えてさぞ気持ちよかったのではと思います。そしてヤスさんはじめメンバーはワンマンのときと同じ。ワンマンと同じテンションで歌えたと思います。そしてやはり向江さんに指摘されたのはMCに困るとドミソの和音を鳴らすこと笑!

第二部終了後、向江さんより手紙を読めと。ヤスさんが読むとHappy Birthdayの歌が会場を揺らしました。そしてケーキ・プレゼントや寄せ書きの贈呈がありました。叩きっぱなしのヤスさん疲れを見せながらも笑顔で祝福を受けました。そして最後に天窓の店長よりビールの祝杯を受けました。ぐーっと飲んで、嬉しそう!

アンコールは「WAになっておどろう」(V6)。全員で楽しく終わることができました。ヤスさんだけでなく、向江さん・シロさん・あっきーさんは全曲参加、参加アーティストもみんな出たり入ったり。これは全員ほぼ出ずっぱりですね!

いやーこの向江さんの企画バンドライブ、すごい流れでした。みんな若いし、体力があります。そして向江さん、色々な楽器を操り楽譜を操りメンバーを操り。このひとの頭脳はどうなってるの?と思ってしまいます。そしてさとみさん、この人と共に音楽をやっていることはとても素晴らしいことだと思います。たしか初めてサポートをお願いしたのは去年8月のワンマンだったと記憶しています。それからすごい進化を遂げて3月、そして今回と続いていっています。10月後半も水道橋でこのメンバーでやるそうです。楽しみです!

最後、天窓のフライヤーにヤスさんの写真がさりげなく。誕生日おめでとうございます!