BLOG

8/11(土)、GRAPES KITASANDO 金田一芙弥presents【立てば芍薬・座れば牡丹・歩く姿は百合の花】。アーティチョークさん(O.A.)・芦澤佳純さん・タシロサヤカさん・玖咲舞さん・金田一芙弥さん。金田一芙弥さん企画による浴衣ライブでした。


今日は芦澤さん以外は初見ではなかったので、それぞれがそれぞれの魔力を持った音楽を奏でるアーティストであることはほぼ認識しておりました。ただでさえ素敵な音楽なのに浴衣姿で日本の和の夏を視覚的に訴える。特別な夏の夜のライブにしようという心意気です。


<アーティチョークさん(O.A.)>Miiya CafeやGRAPESでステージを拝見し3度目。ホーンセクションやブラスが効いたアダルトでお洒落な音楽という認識です。声は至ってまっすぐで聴きやすい。今日歌ったのはオケとハンドマイクで「Marionette Parafiria」「ふたりの関係」の2曲。以前購入した音源「TRIANGLE」に収録された3曲のうち2曲で、知っている曲だったので頭にスッと入る。今日歌わなかった1曲「TwentyOne」は清々しさが漂うこれも好きな曲。O.A.でなかったらセットに入っていたかな。今までは黒のドレスで歌っていてそれが見事にハマっていたのですが浴衣姿もワンポイント。@artichoke_info


<芦澤佳純さん>芦澤さんは普段は声優・タレントなどの活動をしていてこのようなライブに出るのは滅多にないとのこと。今回のステージはPf.に田村麻実さんをサポートに招いての3曲。オリジナル曲はなくカバーをメインに歌っているそうです。今日の出演は芙弥さんとボイストレーナーの先生が同じだったのがきっかけだとか。「ラヴ・イズ・オーヴァー」「素敵だね」「金魚花火」。「素敵だね」はFinal Fantasy Ⅹ の主題歌で和風なバラード、「金魚花火」は大塚愛さんのやはりバラード。まっすぐで透き通る声が気持ちよかった。@kasumi_ashizawa


<タシロサヤカさん>タシロさんは2016/7/21のNOMADが初見。直近では5月のストロボカフェのむらひとみさん企画。ご挨拶はまだしたことがないので認識されていないと思います。浴衣の振袖対策でタスキを巻いてのGt.弾き語り。”嘆けとて月やは物を思はする かこち顔なるわが涙かな”という恋思いで月を見て涙する百人一首の句を詠みつつ(百人一首の分野全然詳しくないのでメモを取って後から調べました)、風流な歌を披露。「花恋文」「スターマイン」「夏の終わり(森山直太朗)」「ユレイル」「Shabon dream」。爽やかなギターサウンドとタシロさんの涼し気な落ち着いた声がステージを駆け抜け、”涼を摂る”ことができました。芙弥さんがタシロさんをしきりに”マイナスイオン”と表現しており、確かに!と思いました。芙弥さんの新作音源「オモイ唄」にタシロさんがデザイン製作に参加されているということで繋がりの強さを感じます。@tashirosayaka


<玖咲舞さん>7/26の渋谷gee-ge.以来2週間ぶりのライブは浴衣ライブかつ久しぶりのVc.サポート安藤葉月さん(はーちゃん)とのコラボ。前回拝見は2017/12/22のワールズエンド・ワンマンライブ。そのあと2018/1/23のGRAPESは行かれなかったので9か月近くブランクの空いたコラボレーションでした。学校時代の先輩後輩の仲であるふたり。いつも息の合った演奏をしてくれます。まいたそ音源のサポートも多数参加しており まいたそ音楽の功労者とも言えます。今日も地元横須賀から駆けつけてくれました。

①鍵穴

②あの子

③メメント

④かざぐるま

⑤超新星★

10/2の忘年会ライブまで残り少なくなった まいたそライブは毎回毎回が大切。特にGRAPESのステージや はーちゃんとのコラボは今年は今日で終わり。それぞれを噛みしめるように、目に焼き付けるように耳をダンボにして、眼を凝らして。まいたその浴衣は前回7/8キャバリーノで披露した矢柄模様。髪にはお揃いの配色の花飾り。スタインウェイの鍵盤と浴衣。この和と洋のコラボレーションも印象深い。はーちゃんもVc.の演奏姿勢から丈の短い甚平スタイルでの演奏。①しょっぱなからガーンガーンと4ビートが心を打つ勇敢なバラード。2フレーズ目から入るVc.のレガートな演奏が花を添えます。②アルバム「メメント・モリ」の3曲目を再現するようなふたりの息の合った演奏。”こーっちを見てー”のサビの部分で一気に盛り上がる。鬼気迫る形相。③スタインウェイの鍵盤をかき鳴らすように闘いの臨場感満載のパワーあふれる燃やし尽くす曲。Vc.がそれを装飾するスパイスとなるように。高音や低音を行ったり来たり。Vc.はベース音もできるし、ハイポジションのソロも弾けるしのイイトコ取りの楽器だと思います。④は今年歌い納めと本人曰くの夏の曲。まさに今日のライブにふさわしい日本の和の夏を感じさせる楽曲。いつもはPf.ソロ弾き語りで聴いてましたが、今日はVc.サポート。初めて聴くかなコラボは。いい曲だなあ。⑤そして最近自分の中では一番胸が高まる新曲「超新星★」。静かに始まるところからサビでは一気に力が入るファルセット。まいたそのファルセットは本当に綺麗で、これを超えるアーティストはいるのかな?と思わせる。そしてVc.も間奏では優雅に流れる旋律やピッチカートを入れたりと演奏に風味を添える。”残像を残して~”まさに残像に残るステージでした。粉々に吹き飛んでしまいそう。@kyuzakimai


<金田一芙弥さん>5/30キャバリーノ以来3度目。最近自分のTwitterの露出回数が急上昇、目が離せないアーティストになっています。まいたそとの対バンは初めて拝見します。前回購入した音源「伝えたいこと」も印象深い曲が多くて、何か特別な魔力を持っているのでしょうか。今日は黒ドットの玉模様の浴衣姿。何とも艶やかです。サポートは鍵盤アーティストの田村麻実さん。先ほどの芦澤さんのサポートもやり、タシロさんのサポートも時々行っております。

まずはzone「secret base~君がくれたもの~」をつぶやきながら夏の美しい思い出を思わせる。続けてのナレーションとしては故郷に帰ってきて花火大会を地元の恋人と一緒に見物しながらも、時間がくればまた別れてしまうという物悲しげな物語を挟みつつ持ち曲を披露。

①千鶴

②東京

③おやすみ

①は和風のバラード。風流で今回の語りのイメージにぴったり。②も都会に慣れ親しんだ感覚と何か腑に落ちない感覚がごちゃ混ぜになった不思議感が見て取れる。③花火のSEが鳴り、”もう帰らなくちゃ。今日はありがとう”と名残り惜しくも現実に帰らねばならない葛藤が芙弥さんの語りから観て取れる。”いつも通りの1日が優しい心でいられますように”故郷でのときめきを忘れないように思い出化させる---再度「secret base」を歌う。夏の思い出。MCでは今日はみんな浴衣姿で”3割増し”でお届けしますと。幻惑の「浴衣マジック」。

④青空ノック

鎌倉FMの番組で使われている明るいPOPな曲。夏らしい元気な曲で。@hatan75


<コラボコーナー>

出演者は芙弥さんの紹介で全員登壇。芙弥さんとのいろいろなエピソードを紹介しつつ。最後は全員で大塚愛さんの「プラネタリウム」。和風のバラードということで、ここでも酷暑の中、日本の夏の涼を楽しむ気分を盛り立てようという気が感じられました。


【立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花】は、女性は芍薬・牡丹・百合の花のように美しいという意味に通じ、薬学的見地からもシャクヤク・ボタンピ・百合の球根の効能とも関連があるそうです。(ああ全部ネットの受け売り・・)それぞれの素敵な夏の魔力。。至高の夜になりました。


<玖咲舞さん 今後のライブスケジュール> 今年はあと3回!

◆8月16日(木) 水道橋Words

Words Presents 1st.Anniversary "Good night is coming" 第六夜

出演 : 香純 / 玖咲舞 / ikumi / 五十嵐晴美 / andmore

Open 18:30 / Start 19:00 Ticket 前売り ¥2300 / 当日 ¥2500 (D代別)

◆◆◆9月15日(土) こまごめわいわいほーる

【来ました!恒例祭り!一年に一回のあの祭り!門西恋主催ライブ♪2018年は5日連続!豪華アーティスト遠征組含めた神!全29組『あ・り・の・ま・ま』5日間の日常をお届けします!2018年9月15日(土) 2日目『常』スタート!】

 Act 門西恋/玖咲舞/をしん/柚姫いよ(岡山)/小谷野真弓/佐川真由(大阪)/Tony Reve(滋賀)/高尾彩佳 Open 17:00 / Start 17:20 Charge 前売3000円 / 当日3400円 (+1D)

 出演 18:30~



◆◆◆10月2日(火)

 【玖咲舞プレゼンツ 終末☆大☆感謝祭】東新宿 真昼の月夜の太陽

  ぱなえ/しずくだうみ/unconditional love/玖咲舞/☆スペシャルO.A☆

  OP18:00/ST18:30 前売2500円/当日2500円 (+1D)

  Support 門藤翔太(Gt.)/植松慎之介(Ba.)/尾田遼平(Drs.)




8/4(土)夜、代官山LOOP「comforting songs」。さいとうまりなさん・Sabio・中前りおんさん・石橋沙弥香さん(MUSIQUA)・栞奈遥さん・黒川沙良さん の6組の出演です。


代官山LOOPは6/5の りおんさんのステージ以来2か月ぶり。直近では7/5の恵比寿天窓とほぼ月イチのペース。ワンマンを迎えライブ回数を増やしている割には出席回数が少なく申し訳ない。


<さいとうまりなさん>笑顔が素敵なシンガー。Pf.サポートをつけての歌は、元気が出る前向きな夏らしい曲「はじまるふたり」やしっとり系の曲「雨」、POPで明るい「crazy for you」と、明るい声でPOPな曲を披露してくれました。セットにはなかった「ヴィーナス・モーニング」という曲も試聴で少し聴けたがこれも夏の中の清涼感を感じる曲でした。自分的にはとてもよかった。


<Sabio>Key. (たなかさん)Gt.(さまたさん)女性2名のユニット。二人ともLooperを使いGt.さまたさんは横のPCでPer.パッド音を鳴らしてLooperに音を溜め、Gt.を重ねる。Key.たなかさんもシンセベースや様々な波形を組み合わせて曲を仕上げていく。Looperだから一定のコードの繰り返しからの展開となりますが、Looper二人というのはなかなかユニークなんでは?MCも二人で軽妙なやり取りで面白かった。


<中前りおんさん>今日はNord 5HPによる弾き語り。

①乙女の事情

②インフルエンザ

③冷たい炎

④大人

⑤Future Diver 未来へ飛び込む者

「乙女の事情」は、先日YoutubeでMVが公開されフルバンド演奏が聴けます。今までライブでの弾き語りが中心だったのでステージでの演奏のほうが耳が慣れていて聴きやすい。MVもよく視聴して早く感触を掴もう。「インフルエンザ」夏では聴かれない曲かと思ったら、直近の別のライブのセトリにも入っていたようです。曲としてはすごくいいし、体に染みついているのでとても感情が入り込みました。「冷たい炎」はディレイを掛けたPf.の音色が反響して雰囲気を増強させます。「大人」前奏ではスタッカートの効いたタテのリズム、歌に入ると流れる旋律のヨコの動き。タテとヨコの組み合わせが鮮やかな曲調。「Future Diver」はこれぞ中前りおんさんの真骨頂。最近導入したストリングス系のアナログっぽい音色を重ねて余計綺麗な音作りになっています。更には歌唱力。何度もうっとりしてしまうようなトーンとパワーを持ち合わせた実力が漲るステージでした。自主企画ライブ、ワンマンツアーと、これから重要なライブが目白押しとなるりおんさん(他にも日程いくつかありますが)。ワンマンはレコ発も兼ねているのでますます楽しみになってきました。


<石橋沙弥香さん>Pf.弾き語り。ソロプロジェクトでMUSIQUA(ムジカ)として活動。実直なボーカルで、言葉が直接聴き手に伝わる。「愛を知った」「ONE」「Landmark」など。原宿で路上ライブをしたとき、止められて渋谷に移動したとき、聴きに来てくれたファンと一緒になって移動。その時心が1つになったと。そしてできたのが「ONE」という曲とのことでした。人と人との出会いとか、気持ちを大切にする、いいアーティストだと思いました。


<栞奈遥さん>19歳POPS系シンガー。センターでマイク1本で歌います。オケはPOPロック、歌と振り付けはアグレッシブ。今日は新曲「Last Piece」を初披露。”自分の願いをいつかは掴み取りたい、みんなも一緒に。約束しよう。一人じゃないんだ”という主旨で前向きのアップな曲。一生懸命、元気いっぱいのステージ。先月Sabioと編成して歌っているのが投稿でありました。今日Sabioの曲を聴いた感じでは なかなか想像つかない。。


<黒川沙良さん>鍵盤弾き語りで。ステージにはグランドピアノが設置されました(転換速かった)。歌もピアノもすごいレベルが高い。「Keep on trying」「ガールズトーク」「二人の夏」など。高尚な音楽です。「Keep on trying」はTV東京の番組のエンディングテーマにも使われる予定です。先月アナログレコード盤をリリースしたそうで、確かにレコードで聴いてみたい天性のピアノ弾き語りプレーヤーだと認識しました。

今日も言葉では語り切れない、文字では伝えきれない様々なジャンルの音楽を体感できた!


次の代官山LOOPの中前りおんさんの出演は9/23のレコ発ワンマンライブです。その前哨戦となった今日。大阪9/2・福岡9/16と2回のワンマンを経てここに帰ってきてツアーフィナーレとなります。東京9/23での集大成。そんなことをつい想像してしまいます。








8/4(土)、第72回あつぎ鮎まつり・厚木市中町花の公園特設ステージにて、AMARIさんのフリーライブが行われました。


AMARIさんは昨年12/18の渋谷gee-ge.「ウダガワガールズコレクション Vol.301」の対バンアーティストの中で曲を披露されました。あの時のユーフォニアムの印象が強烈に常に残っていました。7月のライブの予約をしておりましたが、アクシデントで行けなくなってしまったので、今日のような機会を伺っておりました。


それにしても、厚木(本厚木)に来たのは何十年ぶりでしょう。強烈な暑さの中、あつぎ鮎まつりは賑わいを見せておりました。あちこちにテントが張り巡らされ露店で鮎の塩焼きを販売しておりました。自分は食事制限中のため鮎は我慢して厚木市のHPにあった花壇の花がきれいな「中町公園」の場所に行きました。ところが中町公園にはステージを行っている気配もなく。。炎天下の中、本厚木駅前の本部に戻って係員さんに聞いてみると、違う方向にあったようです。よくよくイベントの画像を見たら地図には正しい場所が。何とも早とちり。


12:30の出番直前にイベント会場に着いたらすでにAMARIさんの前に歌っている えいみーさんがギターを弾いて歌っておりました。最後の曲結構よかったです。


炎天下の中町花の公園に立つ木の木陰にテントやPAがあり、ステージは屋根がない場所。なんとも演者さんには試練の場所です。その木陰に寄り添うようにステージを観ておりました。駅前で貰ったウチワをずっと動かしてないとヤバイです。


<AMARIさん>群馬県出身Gt.弾き語り&ユーフォニアム奏者。ユーフォニアム(Euphonium)とは?チューバとホルンの間ぐらいの大きさの金管楽器。トロンボーンより丸みのある音が出る楽器。調べたらサクルソンとかバリトンホーンとかいろいろ派生しているようです。なかなかお目にかかれない楽器。ギター弾き語りとの両立というのは他に誰もいないでしょう。

1)carry on     (on Gt.)

2)蛍              (on Gt.)

3)himawari    (on Euphonium)

4)煙たい       (on Euphonium)

5)SUMMER TIME   (on Euphonium)

前半2曲はギター弾き語り。ハイトーンでクリアな声、歌詞は言葉が詰められています。速いストロークとよく合います。3曲目からはオケをバックにユーフォニアムでの演奏。3曲目のインストは柔らかな音が灼熱のステージを一瞬涼しくさせたような。ふんわりとした曲です。4曲目はオケをバックに快速Jazzっぽいアダルトな曲。間奏でのユーフォニアムが味がある演奏。何ともカッコいい。5曲目は夏らしくPOPロックで元気な曲。


AMARIさんはユーフォニアムとJ-POPを融合させた新しい音楽を展開するアーティストです。ユーフォニアムの周知にも尽力しています。前回聴いた「to mother」もいい曲です。16:00の第2ステージは別件でいられませんでしたが、今日は酷暑の中、お疲れさまでした。






8/3(金)、水道橋Words 「Words 1st. Anniversary "Good night is coming"第二夜」。咲耶さん・tsumugiさん・上野まなさん・今井里歩さん・椛島恵美さんのステージでした。


今回は今井さんで予約していますが、対バンの咲耶さん・えみちさんほか、皆さんのステージも楽しみです。


<咲耶さん>咲耶さんは7/23に初見で2度目まして。

1)Good night is coming

2)流れ星とピエロ

3)神様の方程式

4)蝉の歌

5)星が消えた日

6)もしもしにんげん。

1)都営三田線の水道橋駅でしょうか、西高島平方面のアナウンスと雑踏のSEから始まる、暑い夏の昼間を終え、素敵な夜が訪れたという主旨。”今日も太陽に焦がされた”確かに灼熱の昼間を乗り越え我々はここに来ました。2)ピエロは人を笑わせるのが仕事。怒りや悲しみを知ってはいけない。ピエロの悲しみを歌った曲。3)”神様の言う通り生きていたら地獄だ。人生の選択は神頼みしようとしても所詮は自分で判断したこと。それでもどれにしようかなと神頼みしてしまう”人間の習性を歌う。4)夏らしく蝉の歌。一生を土の中で暮らし地上では7日間で相手(雌雄の)を見つけ生涯を終えてしまう。もし8日まで生きられても相手はいないだろう。終わりに蝉の鳴き声のSE。命の儚さ。そう言えば今年の夏は暑すぎて蝉が鳴かない。きっと鳴く元気もなくて死んでしまうのか。。5)前回LOTUSでも聴いた曲。光を失ったが、数年後に違う光が僕を照らす。つまりは恋人を失い今は違う恋人に出会ったという時の流れを歌っているのでしょうか。6)未来(来世)の自分に向けた過去(現在)の自分の声をコミカルに歌う。単にAメロBメロサビという概念を持たない劇中歌のような展開で色んな楽章が複雑に絡う感じで時折のボーカルの爆発力が半端ないのが咲耶さん。音楽に現れるように、何か途轍もないことを考えていらっしゃる不思議な感じのかたです。その不思議な雰囲気にハマってしまいます。


<tsumugiさん>神戸出身東京在住鍵盤弾き語り。涼し気でマイペースな声。曲目は不明だが、恋人どうしのお互いの心の惹かれ方を題材にした歌詞が印象な1つだった。”あなたは月 わたしは太陽 夜の闇を照らすことを伝えたい あなたは太陽 わたしは月 あなたのように眩しくは輝けない”という曲や”不器用な二人は喧嘩ばかりしているが、そんなところも愛せるようになりたい”という内容。最後の曲は気持ちがよく伝わってよかった。”人との調和ができず恋の話も仕事の話もわからないのに頷いた、電車に乗れば聴こえる舌打ち、閉まる電車のドアを見送り置いて行かれる気になった いつのまにか大人はやってくる 甘えている場合じゃない 進むしかない 乗った電車の車窓に写る自分の姿は疲れ果て イヤホンをしてうつむきながらこっそりと泣いた”


<上野まなさん>ウウレレ弾き語り。半年ほど前にMiiya Cafeで一度拝見しました。細いしなやかな指がウクレレに似合います。「Please me…。」「大切なひと」「恋に咲く花」「ぼくはカメレオン」「サンキュー」。癒しの歌声とウクレレ。灼熱の外から入ってきた我々を涼しくさえてくれる。それでいて曲はウクレレなので南国トロピカル風。しかし南国より今の東京は(日本は)相当暑いでしょう。。「ぼくはカメレオン」"ぼくはカメレオン。動作はのろいけど眼をぐるぐる回してすぐ君を見つけることができるよ。失くしたものも必ず見つけるよ”


<今井里歩さん>7/14ここWords以来。今日もGt.加茂フミヨシさんがサポート。

1)勿忘草

2)手をつないで

3)アルイテユケル

4)I’ll meet you

5)good day

1)淡々とマイナー調から入るじっくり聴かせる曲から。ライブでしか歌われない曲でも最近歌う回数が増えているので今後の音源化に期待。加茂フミヨシさんのGt.ソロがカッコいい。2)いつもはオケを併用しますが今日は加茂さんと2人での演奏。バンドのオケと違ったライブ音のよさがあります。ギターもガッガッっと来る感じで迫力が違います。4)”遠くまで 遠くまで来たつもりでいたのに”という最初のフレーズからウルウル来てしまう今井さんきってのバラード。今井さんの美しきかつ力強く突き抜けたボーカルが冴えわたりました。5)MC”皆さん今日はいい日でしたか?”のお馴染みの質問から始まる最後を飾る曲。暑さからいい日とは言えないけれども今井さんをはじめ皆さんの声や演奏を聴いたり感動的な詞を感じたり。少しは気が晴れたかな。今日は一連の曲に関連性を感じました。「忘れずに手をつないで歩いて行けば きっといい出会いがある、なんて今日はいい日」。人と人との繋がり、照らし照らされて生きているという今井さんのメッセージをこの関連性にも感じております。


<椛島恵美さん>Words初出演となるPf.Vo.椛島恵美さん。今日は強力なサポートとして、妹のDemiさんがVo.兼Cho.で出演しました。Demiさんは3月の多摩プラーザワンマンも出演され仲良し・音楽好き姉妹として活躍した姿が記憶にあります。

1)ここから

2)泣きましょう

3)My life is My life (Vo.Demi Pf.椛島恵美)

4)光へ

5)Let’s sing!!!

6)Enc.音楽(short ver.)。

鍵盤を弾き歌いながら躍動するえみちさん。音楽を本当に楽しんでいる姿が目に焼き付きました。DemiさんのCho.はさすが姉妹だけあってハモはピタリ。3曲めはDemiさんが作詞作曲。普段はOLをしているというDemiさんですが曲を作ってみようと。アイデアをDemiさんが作り、それをスペシャリストであるお姉さんが作品化して作り上げた、言わば共同作品。さすがにきょうだいだけあって声質・ファルセットの返し方などどことなく似ているように聞こえます。そして何と今日はDemiさんの誕生日だそうです。記念すべきデビュー?となりました。1)5)は楽しく、2)5)はしみじみと。そう言えば2)の「泣きましょう」は音源では聴いたことがありますがライブでは初めてでした。アンコールの「音楽」は短めバージョンで。水道橋の地名や出演者さんの名前を替え歌として歌詞に入れたり、自由に音楽を奏でるえみちさんでした。7/31板橋ファイト!でも元気に歌う姿が見られまして、音楽活動に専念しライブ本数も格段に増えている えみちさん。声には気を付けてらっしゃるでしょうが、決して無理をせず こなしてもらいたいと思います。


水道橋Wordsは今月で満1年を迎え、ますます盛り上がる2年目突入となるでしょう。自分は月1回以上は来ております。きっとこれからも更に魅力的なライブハウスになるでしょう。期待しております。

7/31(火)板橋ファイト!「まなすみえみ 3man Live! vol.2」吉川MANAさん・たかだすみれさん・椛島恵美さんによる仲良し3人組によるスリーマンライブが行われました。


MANAさん・すみれさん・えみちさんは一時期、同じ事務所に所属して活動した経歴があり、苦楽を共にしたそうです。自分はその事務所にいた時代のことは情報でしか知らないのですが、色々な情報リソースを得てこの3人の関係は熟知しているつもりです。それだけに今回のスリーマンは貴重な機会でした。5月のvol.1(井荻)は行けなかったのでvol.2は余計に楽しみでした。


今回は3人が3人とも諸般の事情を経ていること。MANAさんは2016年にいったん活動を休止、1年余りを経て地元大阪でライブ活動を中心に再開。すみれさんは出産を経て育児中のままの活動、えみちさんは発声障害から1年を経ての克服そして活動再開。それぞれが山あり谷ありの中、忙しい日程を合わせてこのライブに集結したのは大きな意味があります。


まずは3人でのご挨拶。いきなり出たり入ったりして笑いを取りながらの3人。楽屋から和気あいあいのテンションでのスタート。

トップは椛島恵美さんから。

1)Let's sing

2)  深海

3)音楽

「Let's sing」は”声が続く限り歌っていこう、ドレミファソラシド”と歌えることの喜びをそのまま感じ取れるような曲。「深海」は海の底に沈めた過去を見つめるような静かに聴かせる曲。えみちさんの高いトーンの声。本当に治ったのだと更に確信。間奏のピアノもさざ波のように綺麗なメロディ。「音楽」。えみちさんの十八番。皆んなで楽しく音楽を楽しもう!おーんがーくと皆んなで一斉に歌う場面では速くしたり勿体ぶらせたり非常に楽しい。

ここでコラボ。MANAさんの登場。えみちさんはVo.に専念。MANAさんのGt.とともに。

4)おはよう世界

ここでも おはよう世界ごきげんよう宇宙のフレーズをファイト!の店長や客席にいたすみさんに急に振ったり。会場全体で楽しむという雰囲気でした。

ここでソロに戻って、

5)僕が素直になれた時

6)光へ

MCでは思いを声に出して伝えることのありがたみ、声を使わずに伝える方法を学んだり、声が使えることの大切さを噛み締めたと。「光へ」の信じた心は実感が籠っていました。ここに戻ってくると信じていた心、まさに結実しました。本当によかった。@emichi1230


2番手はMANAさん。

1)見つけにいくよ

冒頭でPf.すみさん、Vo.MANAさんでのコラボ。すみさんの曲は2人とは異なる得体の知れない大地のエネルギーを感じます。MANAさんもそういうところを評価しているのでしょう。オーオーオオというところキレイなハモり。

2)ハミダシ者

3)いつか、会いましょう

4)首筋にキス

5)歩け

6)グラデーション

MANAさんはみんなの心を掴みやすいストレートな声が武器。時に力強く、時に楽しく。ギター抱えて皆んなで歌おうよ、的なフォークの魂を感じます。メロディも覚えやすくて心に残りやすい。今日のセットのほか、「背中」とか「モノクロ教科書」とか「名もないミュージシャン」とか。今日は新しい曲として 「首筋にキス」。今までに無かったタイプの大人の色気で歌います。自分もMANAさんの音源は結構聴いていましたが、この曲はMANAさんの新境地を感じます。@mana__yoshi


3番手はすみさん。

1)?       (誰か教えて!)

2)だけどあいらびゅ

3)がんばらないで

1曲目はすみません。大人っぽい曲でしたがタイトルがわかりませんでした。あなたに対する疑心暗鬼な心を歌った曲に聴こえました。今まで知っているすみさんの曲にない味です。MCでは子育てに専念するため活動休止と受け取れる発表をしましたが、それほど深刻なことではなく活動は続けていきます、必ず戻って来ますと。ファンを安心させる言葉です。

4)あなたはそのまま

えみちさん登場しPf.でのコラボ。すみさんはVo. えみちさんの代表曲。さすがすみさんだけあって原曲キーで素敵な歌声。しかも歌詞を殆ど見ずに歌っておりました。恐らくこの曲、すみさんも好きなのでしょうか。

5)あなたへ

今日取って置きの家族に向けた思いを綴った曲。ママを選んでくれてありがとうと。命の尊さ。背負っているものの違いを感じました。@takadasumire


最後は3人でのコラボ。

また会う日まで(ゆず)

Pf.Vo.えみちさん、Vo.MANAさん・すみさん。誰でも知ってるこの曲で締めです。


イベントのじゃんけん大会では恐らく人生で初めて勝ち残り、写真と色紙をゲットしました。じゃんけんしたのは2回だけですが、満員の客席だったのが1回で3人に絞られるなんて、超ラッキーです。そして大抵は次負けるんですが、勝って当選の2名に残りました。こういう時もあります。


同じ事務所出身の3人、現在の活動はそれぞれですが、「また会う日まで」が象徴するように、今回の3人の集結を再び期待させるようなライブでした。この勢いだとvol.3は間違いないでしょう!



7/29(日)、中目黒FJ's「musique copain」。シオン×近藤真由さんのツーマンライブでした。アコースティックギター主体の2組です。


中目黒FJ'sは5月以来2度目。あの時は別のアーティストとの対バンで出演した初見のシオンの音楽がやけに胸に響きました。6月の池袋フリーライブから今回で3度目です。今日はGt.弾き語り近藤真由さんとのツーマン。ギターを教わっている先生がひぃさんと同じということで普段から仲がよいようです。


<近藤真由さん>静岡出身Gt.弾き語り。柔らかな歌声かつMCもふんわり。時折のハイトーンの声がハリがあってインパクトがあります。曲名はあまり仰っておりませんでしたが、「こすも」という曲は”宇宙は僕の周りを回る。人とペースは違うが自分では一生懸命頑張ろう”という自分を鼓舞する内容。「嘘つきオオカミの恋のうた」はおとぎ噺風に。”狼は孤立している自身がキライ。あるとき人間の女性に恋をしてもそれ以上の進展はない。そんな自身がキライ。夢の中では王子になってみるが全部幻想”。。。。しっとり目の音楽でした。”電車を見送る。すれ違う電車は私たちの苦い経験。また@KonChan812


<シオン>今日はVo.れなさんはミニ鍵盤を用意。ハーモニカの音色や鉄琴系・ストリングス系の音色を曲によって切り替えての演奏。

1.くしゃみ

2.ギブソン

3.ほおずき

4.Love Me like You Do(Ellie Goulding)

5.ex-Darling

6.100分の2

7.僕が大人になるまで

8.忘れないで

優しい歌声のVo.れなさん、堅実正確なGt.で進行役MCのひぃさん、2人のバランスがとてもいい。れなさんはじめ2人の声が綺麗だし、ハモも絶妙。ひぃさんのギターのリズムがとても正確で小気味よく、聴いてて気持ちがいい。「ほおずき」とか「忘れないで」のようなバラードがとてもいい曲でセットに入れてくれて嬉しい。終演後の物販ではまだ購入していなかった1st.CD「青」が、完売ラス前ということでとてもラッキーでした。


<スペシャルコーナー>最後は3人で。ハモがとてもキレイでした。「ばかやろう」では手拍子が途中で変化したりして楽しかった。

1.今の彼には秘密(近藤真由)

2.ばかやろう(シオン)

Enc.おなじ話(ハンバートハンバート)

この ハンバートハンバート/おなじ話 は元の歌は聴いたことがなかったのですが、のどかな雰囲気で男女の掛け合いの語りのような歌が二人の間柄の良さがにじみ出る曲です。今日のライブを締めくくる”仲良し”を象徴するような曲でした。


                   ※曲名等 内容の間違いの際はご指摘ください。




7/26(木)渋谷gee-ge.「ウダガワガールズコレクションvol.399」。つくしさん・Sarahさん・渡部歩さん・門岡加織さん・みきちゅさん・玖咲舞さんの出演でした。


ウダガワガールズコレクションはついに400回直前まで来ました。毎回のブッキングでも大変でしょうに。大変な労力だと思います。目的のアーティストのみならず、様々な新しい音楽との出会いがあるのがウダガワガールズコレクションだと思います。自分はそんなに以前から来ているわけではないけれども、ここで行うライブは楽しみでもあります。


<つくしさん>17歳Gt.弾き語り。ブラック系の歌詞を甘く切ない声で歌う。曲名はあまり仰っていなかったが、セットの中で新曲をいくつか投入してきたので、引き出しの多さは伺えます。「発声法」という新曲は”体内からの出てきた塊を口に移して発するイメージで歌うからねぇ聴いて”と自らの歌い方を語る。時折グワッと来る裏声が印象的。@tuuooooo


<Sarahさん>名古屋出身鍵盤弾き語り19歳。年齢に関わらず色気のある歌声で微笑みながら楽しそうに歌う姿は音楽が心底好きなのだろうと。ミドルトーンからのハキハキしたよく通る声とファルセット。いい歌い手さんです。「カワイイって言って」「Daydream believer(カバー)」「午前二時」など。前向きで明るい曲が多い中、「午前二時」では夜中に会いに行きたいという静かで熱い想いが伝わる曲でした。@sara0_0souju168


<渡部歩さん>大阪府高槻市出身鍵盤弾き語り。4月の青山RizM、6月の北参道ストロボカフェ以来3度目。まっすぐ伸びやかな歌声が素晴らしい。前向きな歌詞・メロディでこちらも元気を貰えます。

1)It's OK

2)My Dream

3)夏の魔法

4)1.2.3.SUMMER

今日は持ち時間の関係で4曲でしたけれども、1)君といる未来に希望を持って歩き出す 2)”世界中を繋ぎたい 言葉が分からなくても音楽がある 君の街に学校を建てたい 世界中を音楽で1つにしよう”アコースティックなバラード。音源ではまろやかなピアノとギターのシンプルなアンサンブルと渡部さんの声だけでシンプルさが気持ちいい。 3)友達だと思っていた君を好きになってから初めての夏を迎える恋の歌 4)お客さんと踊る振付がすごい夏真っ盛りという曲。A-Bメロからサビへの急展開が果敢。季節感あふれるラインナップでした。

1月のgee-geで別の人の対バンアーティストとして観られるはずでしたが出番に間に合わず、その後動画などで歌を聴いたりして4月にステージ初拝見となりました。この人がすごいと思ったのは、声に全く音がブレがない。普通はどんな人でも少しは下ずりしたり上ずったりするものですけど、歌を聴いていて素直に上手いなと思った次第です。7/21の東京でレコ発ワンマンライブ(自分は行かれず)を開催し、全国各地でライブツアーを行うそうです。元気な歌声を各地に届けてほしいものです。@w2_ayumi


<門岡加織さん>横浜出身鍵盤弾き語り。2017年3月SEEDSHIP、2017年7月monarecords以来の3度目。地声が高く特徴あるビブラート。「自転車」「夢の広まり」「ordinary」「あなたに」の4曲。明るいアップテンポの曲もいいし、「ordinary」は”言葉の隙間に落ちる吐息も全部すくい上げて 抱き締めて 2人の間を誰も埋めることはできないように”って感じの詞と曲のバラードが良かった。ハイトーンが綺麗でした。MCではファミマの筋子のおにぎりが売っていないと。。。@kadokao


<みきちゅさん>仙台出身鍵盤弾き語り。Dr.サポート(音琉(ねる)さん)をつけてのツーピース。アニメ声系のボーカル。でもかなり上手い。編曲とかも結構凝っていて相当な腕前です。セットはフライヤーに書かれてありました。こういう配慮は嬉しい。「新しい生活」「good day!!!!!!!」「即興タイム」「君に彼氏が居たなんて」「今夜、月が僕のものになったとして」。楽曲のセンスが高かった。ドラムとの絡みでは拍をワザとずらしたり、コールレスポンスでは”渋谷””gee-ge"”筋子のおにぎり”など、先ほどのMCに絡めたり、即興タイムでは3つのワードをお客さんに言ってもらって(旅行・オムライス・暑い)その言葉を使って歌い、音楽のレベルの高さが伺えました。@mikichu_magic


<玖咲舞さん>満を持してトリでの登場。gee-geのモノクロ基調のステージと枯木の柄の壁の雰囲気と まいたその黒のドレスがマッチして素敵です。

1)足掻く

2)メメント

3)あの子

4)インソムニア

5)超新星★

「足掻く」の導入での和音(Badd9?)がポローンと入ると”死ーにーたーいなー消えーたいーなとー”と会場は一気にまいたその世界へ。初めて聴く人は度肝を抜かれるんではないかと。しかしこれはどんなに苦しい日でも明日になれば陽が登り夜が明けるという救いの歌です。闘いの歌「メメント」では”今日は死ぬにはいい日なのさ”とどうせ死ぬなら精一杯闘えと鼓舞。MCでは今日は少し暑さが和らいだものの背筋がひんやりする「あの子」、MCを挟まずに華麗な「インソムニア」。この曲もgee-geのステージに調和。何とも綺麗なメロディラインだ。。今日は持ち時間限られる中、いつもの最後の曲は封じて最近投入されたばかりの取って置き「超新星★」。今年の宇宙シリーズ3部作(寄生虫X・アンドロメダ・超新星★)とも目されます。”声を枯らして 身も心も全て使い切るのさ”散り際に燦然と輝く星の爆発と自分の人生との重なりを音楽で表現。常に<死>というものを前提に捉える まいたその音楽を象徴するこの曲となったと思います。曲も詞もよくて何といっても それを歌う声が唯一無二であり本人にしか歌えない。”残像を遺して 死にたい”で終わる場面。「足掻く」”死にたいな”と、「超新星★」”死にたい”で終わる、何とも凄いセットになりました。@kyuzakimai


今日は鍵盤が良く見える位置で聴いていて まいたその渾身の鍵盤弾きと歌う姿を目に焼き付けました。いいステージでした。8月2回、9月1回、10月2日と、今年のライブがあと4回しかないのは大変ツライけど、1回1回のライブを目に焼き付けたい。まさに残像が遺るほどに。


<玖咲舞さん 今後のライブ予定>

◆8月11日(土) GRAPES KITASANDO 金田一芙弥 presents

【立てば芍薬・座れば牡丹・歩く姿は百合の花】

金田一芙弥 / 玖咲舞(Support Vc.安藤葉月)/ タシロサヤカ / 芦澤佳純 / アーティチョーク(O.A.)Music Charge ¥2,800 Open 18:00 / Start 18:30

◆8月16日(木) 水道橋Words

Words Presents 1st.Anniversary "Good night is coming" 第六夜

出演 : 香純 / 玖咲舞 / ikumi / 五十嵐晴美 / andmore

Open 18:30 / Start 19:00 Ticket 前売り ¥2300 / 当日 ¥2500 (D代別)

◆◆◆9月15日(土) こまごめわいわいほーる

【来ました!恒例祭り!一年に一回のあの祭り!門西恋主催ライブ♪2018年は5日連続!豪華アーティスト遠征組含めた神!全29組『あ・り・の・ま・ま』5日間の日常をお届けします!2018年9月15日(土) 2日目『常』スタート!】

 Act 門西恋/玖咲舞/をしん/柚姫いよ(岡山)/小谷野真弓/佐川真由(大阪)/Tony Reve(滋賀)/高尾彩佳 Open 17:00 / Start 17:20 Charge 前売3000円 / 当日3400円 (+1D)

 出演 18:30~


◆◆◆10月2日(火)

 【玖咲舞プレゼンツ 終末☆大☆感謝祭】東新宿 真昼の月夜の太陽

  ぱなえ/しずくだうみ/unconditional love/玖咲舞/☆スペシャルO.A☆

  OP18:00/ST18:30 前売2500円/当日2500円 (+1D)

  Support 門藤翔太(Gt.)/植松慎之介(Ba.)/尾田遼平(Drs.)






7/23(月)四谷LOTUS「noraneko no uta vol.6」Emilyさん・尾崎リノさん・玖咲舞さん・咲耶さん・にしなさんの出演でした。


四谷LOTUSは4/23以来2度目。青白く輝く照明が華やかなバンド向きのライブハウス。今日はギター弾き語り3人と鍵盤弾き語り2人のアコースティックなステージです。それにしてもここ最近の猛暑で四谷三丁目も凄い熱気!早く中に入ろう。。


1番手 Emilyさん。埼玉県出身Gt.弾き語り。まっすぐ伸びやか、優しい声で歌います。「Before The Day」「Someday's」大きな夢を持ち、翼を広げ飛んでいこうという前向きな歌、「Nodo」喉の奥の渇き・甘い言葉・寝ぐせも許せる恋人との距離の近さ、「15」15歳のこの瞬間を楽しんでいたいと歌う。「タイトル未定の新曲」では、この世界で生きることができてもあなたがいなければ愛するものではないと静かに歌う。堅実なギタープレーが光るアーティスト。


2番手 尾崎リノさん。Gt.弾き語り(Taylor)。赤めの前髪ぱっつんヘアーでの登場。ファニーで自然体の歌声、着実なアルペジオとHIPPOP調の歌詞で一見異色っぽいが、バランスが取れていて上手い。「東京」では東京メトロに乗ってゆらり電車に揺られる様子、「部屋と地球儀」では”今部屋にある地球儀には既に戦争や革命でなくなった国がある”と感慨深い歌詞が印象的。独特な歌いまわし。


3番手 玖咲舞さん。RolandのPf.から放たれた音はもの凄い重低音。身体にガンガン来るまいたその演奏。そして喉から放たれた力強く透き通ったファルセットの調和が素晴らしかった。

①寄生虫X

②メメント

③愛の宿

④アンドロメダ

⑤超新星★

LOTUSのステージは燦然と輝き、背後からオーラのように まいたそを照らす。その姿は堂々としていて何とも格好いい。①②と重く安定感のあるPf.をバックに自分を殴りつけるようなサウンド。②の後はMCを挟まずに③。愛の宿を途中で歌うのは極めて珍しいこと。これで最後かと思うくらいの渾身の歌声が中盤で!MCでは夏の曲を用意していましたが、今年の夏はあまりにヤバいので少しでも涼しくなってもらおうと冬の曲を用意しましたとの配慮。④のアンドロメダ。冬の夜空に浮かぶ銀河。サビの部分でのミラーボールや回転する照明がステージを周囲から照らし幻想的な風景が。何とも言えずいい気分。そして最後の⑤は2度目の披露。”ビルの屋上から”という表現が2回出てくるというのは、極限に達した自分の感情を暴発させる、暴発するのを横で見ている誰かがいる、という「私」と「誰か」、両方とも2つの自身のことを言っているのか?これまでの闘いの人生を物語る。曲としては”光りたい 声を枯らして 身も心も全て使い切るのさ 瞼の裏 アナタはワタシの残像を消せやしない”というメロディラインと半音ずつ下がる和音の響きが秀逸で自分としてはこの曲は好きになった。圧縮し圧縮し、ついに光放つ超新星として”瞼の裏”に焼き付く輝かしい まいたその新曲。この曲は本当に凄い。何度でも聴いて覚えたい。※歌詞は玖咲舞さんのブログから引用。


4番手 咲耶さん。町田市出身鍵盤弾き語り。何か不思議な力を持っていそうなアーティストです。

①野良猫の歌 ②星が消えた日 ③虫歯にご用心 ④言葉 ⑤もしもしにんげん ⑥Persona

①今日の企画のタイトルに合わせて作ってきたおとぎ噺のような曲。LOTUSの鍵盤の低い音が余計に深みを増して聴こえた。”傷だらけの手を黒い雲が舐める”など独特の表現。②静かなピアノの音から入り やがて小刻みなリズムに変わって、大きなパワー、力ある声に変化する、表現の抑揚。この人凄い。”何万光年先の光が消えたのなら僕が戻しに行こう”③ブラックな曲。”わずかな幸せはアスファルトに埋められ隠されてゆく”やはり表現豊かで力が入った声、ピアノの最低音を伸ばしたり何かが憑依した感じ。④”どうでもいい言葉ばかり言わずに私の声を聴いて。どうして声があるのだろう。どうして耳があるのだろうに、どうやらそれらは不良品のようだ” 空虚な心を劇空間のように歌う。MCでは猛暑の話。エアコンを使わないようで、厳しい夏の夜を語る。歌を歌う人は喉を大事にするからエアコンを好まないのはわかります。この夏は大変ですね。。⑤”明日死ぬとしたら何を食べよう?明日生まれ変わるならば未来の私に電話をして過去と未来を繋ごう。人は空を飛べますか?音楽は生きていますか?私は今も歌っています”いつまでも音楽を楽しんで行きたいという曲。⑥”自分を隠さないで。悩みを殺さないで”傷つかない振りをするのはやめた” 詞も曲も歌もよくて素晴らしかった。


5番手(トリ)にしなさん。Gt.弾き語り。パーカーのフードを目深に被ってのスタイルで内に秘めた力を持っていそうなアーティスト。「残像」「青い」「ヘビースモーク」「秘密基地」など。淡々な中でもギターで歌う姿はカッコよく、HPの通り”内省的な世界観”のある演奏でした。終演後、どなたかの誕生日祝いでケーキが出てきてたが!離れたところにいてわからず。(誕生日おめでとうございます)


今日の鍵盤弾き語りのおふたり、町田市出身で同郷、そして同じ黒のドレスで特徴ある音楽を展開してくれました。二人ともお疲れ様。さあ、厳しい夏を乗り切るぞ!


<玖咲舞さん 今後のライブ予定>

◆7月26日(木)渋谷gee-ge.『ウダガワガールズコレクション vol.399』

◎みきちゅ ◎玖咲舞 ◎門岡加織 ◎渡部歩 ◎Sarah ◎つくし

OPEN 18:30 / START 19:00  ADV ¥2200 / DOOR ¥2500 + 1DRINK ¥600

◆8月11日(土) GRAPES KITASANDO 金田一芙弥 presents

【立てば芍薬・座れば牡丹・歩く姿は百合の花】

金田一芙弥 / 玖咲舞(Support Vc.安藤葉月)/ タシロサヤカ / 芦澤佳純 / アーティチョーク(O.A.)Music Charge ¥2,800 Open 18:00 / Start 18:30

◆8月16日(木) 水道橋Words

Words Presents 1st.Anniversary "Good night is coming" 第六夜

出演 : 香純 / 玖咲舞 / ikumi / 五十嵐晴美 / andmore

Open 18:30 / Start 19:00 Ticket 前売り ¥2300 / 当日 ¥2500 (D代別)

◆◆◆9月15日(土) こまごめわいわいほーる

【来ました!恒例祭り!一年に一回のあの祭り!門西恋主催ライブ♪2018年は5日連続!豪華アーティスト遠征組含めた神!全29組『あ・り・の・ま・ま』5日間の日常をお届けします!2018年9月15日(土) 2日目『常』スタート!】

 Act 門西恋/玖咲舞/をしん/柚姫いよ(岡山)/小谷野真弓/佐川真由(大阪)/Tony Reve(滋賀)/高尾彩佳 Open 17:00 / Start 17:20 Charge 前売3000円 / 当日3400円 (+1D)

 出演 18:30~


◆◆◆10月2日(火)

 【玖咲舞プレゼンツ 終末☆大☆感謝祭】東新宿 真昼の月夜の太陽

  ぱなえ/しずくだうみ/unconditional love/玖咲舞/☆スペシャルO.A☆

  OP18:00/ST18:30 前売2500円/当日2500円 (+1D)

  Support 門藤翔太(Gt.)/植松慎之介(Ba.)/尾田遼平(Drs.)






7/14(土)、水道橋Words「水道橋音楽祭 Vol.12」。浅岡秀隆さん・884(はやし)さん・玖咲舞さん・今井里歩さん・竜徹日記さん・山田エンリさん。男女様々なアーティストが様々な音楽を繰り広げました。


<浅岡秀隆さん>Gt.弾き語り。サイレントギターにシールドを接続。”スーパードライがおいしい。明日から頑張れるビールの美味さ、それがビールの魔法さ”とビール好きのようです。「述語同一性」という曲は主語⇒述語の組み合わせを変えることによって、考え方を変えていくという論法のようなもの。”僕は走る⇒鹿は走る⇒僕は鹿だ”みたいに。知人がそういう研究をしていることにインスピレーションした曲のようです。曲名未定の曲は、曲名を募集していますとのこと。帰りがけに言ってくれたらそこから選びますとのことでしたが、なかなか思いつかず。”もうどうでもいいや君と笑っていられたら”というセリフが何回か出ていたので「どうでもいいや」というのはどうでしょうと思ったがもう遅いですね。@asaokahidetaka


<884さん>長野県出身Gt.弾き語り(カホンも叩くそうです)。2年前に1回ステージを拝見したことがあります。2016/6/23。ちょうど対バンの今井里歩さんを初めて拝見した日。884さん自身も今井さんとはそれ以来とのことでした。地元長野県の郷土愛に満ちた曲「大糸線」、東京都と郷里を往復する高速バスに乗った様子を曲にした「ハイウェイバス」、やはり鉄道を絡めた「銀河鉄道」。”走りゆくあずさ号”など郷里を走る鉄道が歌詞に込められています。「水彩とジオラマ」「ピカソの風景画」など、美術的背景も曲にしておりました。曲調としては正統派フォークシンガー(なんか久しぶりにフォークシンガーの歌を聴いた気がします)。音楽と美術、芸術系2ジャンルの融合が聴いてとれます。「ピカソの風景画」はチューニングを半音下げてD⇒C#調での演奏。世の中多種多様な音楽があるが、自分を見失わずに自分の音楽を追及していきたいとのMCでした。884さんは2016/6/23に対バンしたさるアーティストの同郷の後輩で、一緒にステージに立ったことがあるそうです(その時はカホンサポート)。884さんと自分は2年ぶり、しかも今日が初めてのご挨拶でしたのに、それでも再会は再会と、温かく対応してくださいました。@Room884


<玖咲舞さん>今日はニューの衣装、白から黒へのドレスに、ピアスも緑からクリスタルに変え、指輪も変わったようです。前回の浴衣ライブでのニューヘアーと共に「ニューまいたそ」が満を持して登場です。更に今日は新曲を投入しますということで、ダブルに期待のステージとなりました。

①寄生虫X

②あの子

③メメント

④アンドロメダ

⑤超新星★(新曲)

音楽を聴きに来ている身としては肩身が狭いのですが、今日のまいたそは視覚的にもすごく訴える。それが音楽にも伝わり、雰囲気がガラリと変わった気がします。視覚的というのは髪がWordsの照明により幾重にも色を反射させ、不思議な感覚に。黒のドレスは変化しない分、コントラストが映えます。宇宙的な①④、地球滅亡的な③などはいい意味で違った曲に聴こえて、とてもいいなあと素直に思いました。④アンドロメダのサビ”ほーらあれがアンドロメダ・・・”の部分ではタイミングが完全にピッタリのミラーボール。Wordsさんはいつもわかってる中、ほんとにドンピシャで幻想的な雰囲気が増強しました。そして最後、⑤超新星★。去年からテーマに持っている宇宙シリーズの集大成なのでしょうか。聴き書きなので正確ではありませんが”ビルの屋上から飛び降りないと、次の世界は見られない””身も心もすべて使い切るまで燃やし尽くす””残像を残して死にたい”と、今後に向けた決意・覚悟が見える 現在のまいたその思いが痛烈に感じられました。最後のフレーズのハイトーンで透き通る渾身のファルセットに身体を貫かれるかの気持ち。死に際の星、超新星は最後に閃光を放ち星屑となって散っていく。散る中でも人々の記憶に掻き傷を鮮明に残すような。そして大爆発は新たな星の再生のはじまりかもしれませんが、先のことは考えずに10/2でこの世を燃やし尽くすのでしょう。この曲もう少し聴きこめたらもっと気の利いたことが書けると思います。ファーストインパクトは成功でした。昨年7/16にアルバム「メメント・モリ」をリリース、7/17より全国流通を開始、タワレコイベントを成功させ、ほぼ1年。節目のこの日に相応しい素敵な素敵な装いと音楽となりました。@kyuzakimai


<今井里歩さん>今日はAg.加茂フミヨシさんがサポート。転換は珍しく大がかりで、Pf.はステージ左手、Ag.加茂さん

は右手、中央にはマイクスタンドと下にはフットペダルとLooperが。Looperには別のマイクもセット。

①sing a song~あなたへ~

②shine again

③勿忘草

④good day

⑤I'll meet you(新曲)

※①(Vo.Cho.今井里歩 Ag.加茂フミヨシ) ②~⑤(Vo.Pf.今井里歩 Ag.加茂フミヨシ)

①の曲はAg.の演奏で歌うのは初めて聴きましたので、曲名がわかるまで少しかかりました(それでも歌い始める前には何とかわかった)。綺麗で聴きやすいメロディの中、極めつけは後半の”sing a song”を繰り返す部分。Vo.のマイクからLooperのマイクに素早く切り替えて1声・2声・3声・4声とハモを重ねていく。リアルタイムの多重録音で1人ハモ。今井さんならではのLooper使いです。素敵なハモりが会場をコダマしました。②からはPf.に戻って加茂さんAg.とアグレッシブにshine againで手拍子もピッタリ。しっとりフォーク調の③、逆にスッキリ晴れ晴れの④と続きます。そして最後の新曲。MCでは楽屋でまいたそも新曲を歌うということで、曲順がまさかのカブりということがわかって驚きだったと。今日は持ち時間少ない中、二人ともいつもの長めの曲は封印して取って置きを最後に投入するという以心伝心な結果となりました。⑤は”私はあなたに出逢うでしょう”という直訳。こちらも聴き書きなので正確ではありませんが、”過去から未来、様々な人との出逢いが人生を形作る。出逢いを通じて素晴らしい世界を。”のような主旨です。人生の節目節目に様々な人との出逢いが分かれ目の始まりとなる。分岐点は偶然の連続と思われるが、振り返るとそれは必然だったり。これからの人生、新たな出逢いはもしや必然だったのでは?と考えてしまう。今井さんのステージは884さんと同じ2016/6/23に初めての拝見。それから時を経て昨年のshowroomで今井さんの配信をきっかけにライブに本格的に行くようになったのは。。何もかも見通されていたようで考えさせられる。今井さんはすごい。。@rihoimai


<竜徹日記>神奈川県出身。兄(Gt.Vo.)木村 竜蔵さん、弟(Vo.)木村 徹二さんの兄弟デュオ。とにかく長身でイケメンのふたり。いつしか客席にも若い女性ファンが多くなってきました。声がハンパなくよくて歌も上手くてハーモニーも綺麗で、ケ〇ストリーを彷彿させる。竜蔵さんは先日髪を切ったばかりでロン毛からベッカム風のお洒落ヘアスタイルで。徹二さんは鈴〇亮平風のアスリート系。お互い仲良く刺激し合いながら、MCでは今日は某民放の出演を断ってWordsに来たなど、笑わせながらの聴き応えのあるステージでした。Gt.もA⇒C、C⇒Aなどサビで転調する曲が多く勉強になります。「SISTER」では女性を敬う気持ち。私にとって友達以上で恋人以上。大切な女性のことを歌う。「ふたり結び」は特によかった。あなたとの愛の誓い、結んだこの手がほどけないように、と女性のハートを射止める殺しの歌です。「オレンジのアネモネ」はアネモネの花言葉にちなんだ曲。「誰かのヒーロー」通り魔事件のようにナイフで誰でもなく無差別ナイフを手に闘いをするわけではないが、誰かのヒーローになっていきたい。という詞でした。MCではトップの浅岡さんの曲名募集の件について、これで誰も募集がなかったら、自分たちがつけたテキトーな名前にしてもらうよ!と変なプレッシャーを掛けていました。@ryutetsu_nikki


<山田エンリさん>ボーイッシュなシンガー。今日はPf.サポートとして大忙しの山本佳祐さん。今日も炎天下の中、横浜の屋外ライブでサポートをしてきたそうです。腕の日焼けの後が痛々しい。ステージとは垂直にPf.を設置して山田さんの方を向くように演奏。マイクスタンドに掛けたベルはいつものスタイル。「見上げてごらん夜の星を」「悲しくてやりきれない」「私のお気に入り(My Favorite Things)」「星に願いを」など、誰でも知っていて親しみのある歌のカバーを披露。綺麗な歌声と華麗な歌いまわし。聴き応えがあります。MCになると、途端に面白い口調になり、山本さんがそれをイジるところが何とも微笑ましい。そんなギャップがある山田さん。オリジナルでは「クロコダイル」「夜を歌う夜」(?)など。シンガーとして数々の作品やイベントに参加しているようで、相当な実績があります。時間がかなり押しているということもあり駆け足のステージでした。@enri_yamada


音楽祭だけあって、6組と長丁場にも関わらず、それぞれ楽しませてくれる各ステージでした。まいたそと今井さんの新曲初披露が聴け、他の皆さんも凄く良かった。水道橋Wordsさん、またまた貴重な機会を頂きました。8月で1周年、これからも素敵な音楽を。ありがとうございます。



7/13(金)、高円寺U-hA。伊藤悠紀さん・Ruri Matsumuraさん・平井ミエさんの鍵盤スリーマンでした。


U-hAは初めての来訪。高円寺は随分昔にほんの少しだけ生活拠点を置いたことがあって、20年以上ぶりに訪れました。住んでいたのはPal商店街の近く。西友はよく利用していました。まだ営業していて懐かしい。実際住んでいた場所はもうわからなくなっていました。わずかな土地勘で散策しつつU-hAへ向かいました。


U-hAは西友から中野方面へ少し歩いたところ。看板も本日のライブ告知もシンプル。中に入ればアップライトピアノとこじんまりとしたステージ、バーカウンターと音楽とお酒が楽しめる(自分は普段散々飲んでいるのでライブ鑑賞中はめったに飲酒しないんですが)装備だけを精鋭集約した箱です。壁には南国ライフの装飾が施されています。


既にトップの伊藤悠紀さんがピアノを演奏していました。アップライトピアノの蓋が開いた状態で演奏され、ハンマーが弦を叩くのが見えます。蓋を開いたことにより弦の音が直接届くからでしょうか。Instrumentalの静かな奏でが続きます。終わりそうで終わらない。後半20分近くずっと弾いておりました。静かな世界、流れる川、水辺。そんな印象。グリッサンドの連続はさざ波のよう。坂本〇ーさんの音楽を連想させる。インスピレーションを基軸にした即興にも聴こえるし、横に置いてあったMac bookは何に使っていたのでしょうか。不思議な音楽を聴くことが出来ました。@yuk_ito


2番手は、Ruri Matsumuraさん。石川県出身鍵盤SSW。Nord Pianoを使っての弾き語り。自由に演奏し、自由に歌う。渡米していたということで英詞も流暢。もちろん日本語の歌も歌います。混在している歌も聴けました。セットのほとんどは頂いたフライヤーに書いてあったので助かります。「A little Fantasy」「Fallin'」「Conga La Girl(コンガラガール)」「Coelacanth(シーラカンス)」「Ⅰ(アイ)」(タイトル1曲不明)「ICB(あっかんべー)」。Looperを使いCho.ハンドクラップ、フィンガー(指パッチン)を使って重ね録りをしてKey.で歌ったり、タイトル不明の曲は最近作ったそうで、Cho.を2重⇒3重⇒4重と重ね、ループさせながらKey.で歌うなどLooperの使い手として足の操作もかなり複雑で鮮やかでした。最後のICBはI can't bear(我慢できない)とあっかんべーをもじってガマンできない天邪鬼の気持ちになって歌っておりました。この夏の暑さはガマンできない!!https://www.rurimusic.com/


トリは平井ミエさん。今日はカオシレーターのお供はなくアップライトピアノ1本の弾き語り。前回の四谷Doppoではグランドピアノにカオシレータープロの”アキオくん”を乗せてSE豊かな音楽でした。今日は純粋に歌とピアノです。前のステージの転換時に客席の後ろにいた平井さんにご挨拶できて「あーあのDoppoで会った?」覚えててくれたようです。

①流星

②鬼の泣く夜

③太陽

④じゅうたん

⑤葬列

⑥眠るということ

⑦夢の船

Enc.⑧白旗

深みと表現力のあるピアノと歌が平井さんの持ち味です。今日は特に感じたのは詞の世界にある”明るさの中の暗さ”。平井さんの曲調はドマイナーなものは少ない経験上では聴いたことがないのですが、歌詞の中には孤独や闇が随所に観られます。もちろん題名からも「鬼の泣く夜」「葬列」「白旗」など。そうとう聴き手をイメージさせるものです。「太陽」のMCでは、戦争の話にまつわる。悲しい出来事はなぜか青空と太陽が対比で現れる。”雨だったらいいのに”と太陽と晴れ渡る天気とは逆説的に考える、思い立つ平井さんの世界が感じられました。逆説的と言えば今日のセットにはありませんが「初詣」。初詣というと日本の和の行事ですが、曲は全然和のイメージがなく、そういう部分でも違った観点から捉える能力があると伺えます(終演後に訊いたら初詣はジャポネのミヤザキナオコさんの曲だったとか。おふたりともフィーリングが似ているのでしょうね)。最後に歌った「夢の船」は”槍の降る日に出かけるあなたの創ったこの家であたしは待ってる”と冒頭から壮絶な歌詞から始まり、”槍で傷ついた肌を舐めてあげるから戦ったその話を今日は聞かせてね”で終わる。2人の長い船旅、苦難は多けれど、2人で生き抜いていこうと。平井さん版「聖母たちのララバイ」のような。社会で戦う男を見守る女性の歌と解読しました。アンコールはジャポネでも歌われる曲。題名からしてすごい。”今日で世界が終わり”など恐い文章から始まる。

そう言えばMCでは伊藤悠紀さんがピアノの蓋を開けているのを見て初めて開いているところを見た、ハンマーが弦を叩く構造的なものを初めて感じたと仰っていました。

平井さんは1年前のNOMAD、5月のDoppoからの3度目。まだユニットのジャポネのライブには行っていません。今日はジャポネで歌っている曲も演奏してくれたということで今後勉強してみたいと思います。今日は風邪気味ということでアンコールは負担かな?と思いましたが頑張って歌ってくれました。エアコンとか急激な温度変化で体調崩しやすいし、もう1人の命も預かっている分、無理せず健康に配慮しつつ産休に入られることを祈っております。9/3(月)に吉祥寺WARPにて産休前バンドライブがあるそうです。

@hirai_mie









7/8(日)、川口キャバリーノ「VIVA!!川口!Special ゆかた祭2018-7月」yuukaさん・玖咲舞さん・南紗椰さん・上村叶恵さん・城所葵さんの5組の浴衣姿のライブでした。


今日はキャバリーノの”夏祭り”。ステージの壁には花火の映像と祭を彩る装飾。バーカウンターには焼きそば、枝豆など、夏祭りを満喫できるメニューが並びます。キャバリーノのケースケさんが総合司会となり、各アーティストを迎え入れ、ステージの開演。


トップバッターはyuukaさん。野球をはじめスポーツ好き(とりわけ野球サッカーバスケ)のyuukaさんにとつては まさにトップバッターという表現が相応しい。浴衣にギターは振袖の部分とか弾きにくい部分もありましたでしょうが アグレッシブにギターをかき鳴らして歌ってくれました。今日の声はよく通ってスゴイキレイですね!曲目は「no that memory」「とびだせsky!!」「夏の終わりの散歩道」「ダイヤモンド」「あの場所まで」「今すぐ!!」MCではスポーツ絡みでW杯の日本のパス回しの賛否両論について。あれは作戦上はありだと思うが、試合のチケットを購入して観に来たお客さんにとってみれば残念な試合だったと。ライブでもチケットを購入して時間を使って観に来てくれるお客さんに対してこんなことはできないと、音楽に当てはめて語っておられました。ごもっともです。@yuuka07191


ステージの後にはケースケさんが各アーティストとのインタビュー。そして抽選によるプレゼントコーナーではチケットの番号札と各アーティストがくじ引きした番号が当たれば全員のサイン入りの団扇がプレゼントされるという企画も行われました。


2番バッターは玖咲舞さん。弓矢の柄がシンプルでオシャレ。照明の色でよく見えなくて後でわかったのですが 抹茶色の柄。そして浴衣とは対照的に金髪のヘアでキメてきました。このインパクトは際立ちます。「おおー」って感じ。そして鍵盤の前に座る姿はなんとも風流で、風格があります。

「足掻く」

「メメント」

「引鉄は貴方が」

「かざぐるま」

「寄生虫X」

「アンドロメダ」

「愛の宿」

浴衣姿の「足掻く」は何とも新鮮です。そして周りの空気を落ち着かせます。翻って「メメント」でガツーンとカマしてからメドレー的に小節を挟んで「引鉄は貴方が」。夏を忘れさせてくれる冷ややかさ。本人は「祭り感のない・・」なんて仰っていましたが、夏は涼しさも必要なんです。そんな中、夏の終わりを風流に感じさせる、今日のまいたその装いがとても似合う名曲「かざぐるま」。浴衣姿で歌ってくれると、単純にいいなあと思ってしまう。”冷え切ったソーダのように つぶやいた 夏は短いね・・・”。間髪を入れずに「寄生虫X」は全くの切り返し。今日の「アンドロメダ」は夏の星空がイメージできます。七夕の季節、織姫と彦星。その距離のように心の遠く儚さを語ります。この曲はキャバリーノのスタッフさんがステージで是非歌ってほしいとリクエストのあった曲。この曲はキャバリーノでは歌ってなかったそうで、取って置きの機会となりました。「愛の宿」まで、浴衣でのステージは夏ならでは。昨年は観られなかったのでとても印象に残りました。@kyuzakimai


3番バッターは南紗椰さん。直接面識はありませんが、前回は5月の栄ミナミ音楽祭でのステージ。あの時は土砂降りのラシック前で一生懸命歌っておられる姿を建物で雨宿りしながら聴いていました。「真夏のララバイ」「海の家ラプソディ」「紫陽花」「祭」「キミが好き」「apricot」。夏や梅雨の季節を彩る曲。清純な声、優雅で深いピアノの音色。「祭」ではタオルを振り回すお客さん。お囃子のリズムに乗ってソイヤソイヤとお祭りソング。「キミが好き」は新曲。今日は南さんは赤い浴衣。その赤のイメージを持って歌われた「apricot」間奏で波打つ感じの面白い弾き方が印象的。MCではyuukaさんに”タイプやわあ~”と言われたり、どなたかを極〇呼ばわりしたりと浴衣姿どうしで和気あいあいな様子が伺えました。@minamisayasaya


4番バッター、上村叶恵さん。ちょっと長く座り過ぎたので立ち見に切り替えました。「織り姫」「月夜」「ひまわり」「月見草」「ラリルレロケット」「ひぐらし」。今日はしっとり目のナンバーだったでしょうか(曲名ではそうではないようにも見えますが)。「ひまわり」はアップテンポに飛ばしましたが、浴衣の帯締めで苦しいのか、次の曲は「パラノイア」にしようとしていたのを”ちょっとまって!月見草にしようかな。どっちがいい?と挙手で。月見草が多かったので急遽セットを変更。月見草は名曲ですので聴きたかった。”完璧でなくてもいい”という歌詞が目に染みる。元気でいてくれればそれでいいと諭してくれる。「ラリルレロケット」はバラードバージョンで。サビの手前で上げる手も今日は柔らかく。天の星を仰ぐようにゆったりと歌ってくれました。こんなラリルレロケットも素敵でいいですね。最後は蜩(ひぐらし)の鳴き声のSEから始まる「ひぐらし」。夏という季節のもう一つ裏の顔を見た気がします。MCでは、同じ浴衣でも人によって選び方や着こなし、好みがはっきり出る。髪型も様々で個性が出せるファッションであることを仰っていました。@akubi_kanae


5番バッターのトリは城所葵さん。浴衣は超艶やか。最近導入されたエレアコバイオリン”牡丹さん”を連れてワイヤレスでPAと繋いで音を出す形での登場。「Protostar(原始星)」「情熱大陸」「9月の雨(太田裕美)」「雪月花」「胡蝶の夢」「Black Butterfly」。「Protostar」は中盤のCho.を除けばほぼインスト。最初はPf.から入り、いくつかの楽章に分かれてCho.⇒Vn.と、美しいメロディを奏でる。「情熱大陸」はバイオリン奏者ならではの曲。葵さん、今日はワイヤレスなので、中盤では客席を演奏しながら往復するなどお客さんの間近で演奏する派手なサービス!やっぱりパフォーマンス力半端ない。他の人の投稿ではディナーショー風と。なるほど! この後のMCでは、意外に客席の通路が狭くてバイオリンを弾く手がお客さんに当たりそうでスレスレで避けていたそうです。「9月の雨」は”織姫”にちなんで。1年1回しか彦星と会えない女の情念をセプテンバーレインに乗せて。「雪月花」はPf.弾き語り。オケを使うこともよくありますが、今日は弾き語りでよりしっとりと聴かせてくれました。「胡蝶の夢」はVn.+オケ。美しい和を象徴する浴衣の似合う曲。Vn.のシールドが袖の部分に絡まったり。浴衣や和装での演奏は大変だなあと思います。最後はVo.+オケでの「Black Butterfly」。情熱的に、この曲も夏らしい。


Enc.「ぐるぐる」 今回のセットの中では唯一POPなナンバー。浴衣とのギャップが面白いですけど、しっとり目の中では清々しく明るく締めてくれる曲でした。タオルを持っているひとはタオルぐるぐる~~@kidokoroaoi


今日は1人当たり持ち時間40分、5名のアーティスト、長丁場のステージとなりました。5時間ぐらいは経過したでしょうか。。。その中で全体を通して集中して聴けたのは皆さんの音楽の高いレベルとお客さんに素敵な歌を届ける姿勢がリアルに素晴らしくて、浴衣と言う装いや、夏祭りを一緒に楽しもうという空気にも満ちておりました。リアルと演出、本物(音楽)とそれを伝える環境づくりこそがイベントに不可欠なことだと勝手ながら理解しました。こんなイベント企画を提供してくれた皆さんに敬意を表します。


<玖咲舞さん 今後のライブ予定>

◆7月14日(土)水道橋Words Words Presents「水道橋音楽祭 Vol.12」

 出演 : 山田エンリ / 884 / 玖咲舞 / 今井里歩 /  竜徹日記 / 浅岡秀隆

 Open 18:30 / Start 19:00 前売 ¥2,500 / 当日 ¥2,800 (D代別)


◆7月23日(月)【noraneko no uta vol.6】 四谷LOTUS

 Act 咲耶/尾崎リノ/玖咲舞/Emily/にしな and more... Open 18:00 / Start 18:30

 Charge 前売2500円 / 当日3000円 (+1D)

◆7月26日(木)渋谷gee-ge.『ウダガワガールズコレクション vol.399』

◎みきちゅ ◎玖咲舞 ◎門岡加織 ◎渡部歩 ◎Sarah ◎つくし

◆8月11日(土) GRAPES KITASANDO 金田一芙弥 presents

【立てば芍薬・座れば牡丹・歩く姿は百合の花】

金田一芙弥  /  玖咲舞(Support Vc.安藤葉月)/ タシロサヤカ / 芦澤佳純 / アーティチョーク(O.A.)Music Charge ¥2,800 Open 18:00 / Start 18:30

◆8月16日(木) 水道橋Words

Words Presents  1st.Anniversary "Good night is coming" 第六夜

出演 : 香純 / 玖咲舞 / ikumi / 五十嵐晴美 / andmore

Open 18:30 / Start 19:00 Ticket 前売り ¥2300 / 当日 ¥2500 (D代別)

◆◆◆9月15日(土) こまごめわいわいほーる

【来ました!恒例祭り!一年に一回のあの祭り!門西恋主催ライブ♪2018年は5日連続!豪華アーティスト遠征組含めた神!全29組『あ・り・の・ま・ま』5日間の日常をお届けします!2018年9月15日(土) 2日目『常』スタート!】

 Act 門西恋/玖咲舞/をしん/柚姫いよ(岡山)/小谷野真弓/佐川真由(大阪)/Tony Reve(滋賀)/高尾彩佳 Open 17:00 / Start 17:20 Charge 前売3000円 / 当日3400円 (+1D)

 出演 18:30~


◆◆◆10月2日(火)

 【玖咲舞プレゼンツ 終末☆大☆感謝祭】東新宿 真昼の月夜の太陽

  ぱなえ/しずくだうみ/unconditional love/玖咲舞/☆スペシャルO.A☆

  OP18:00/ST18:30 前売2500円/当日2500円 (+1D)

  Support 門藤翔太(Gt.)/植松慎之介(Ba.)/尾田遼平(Drs.)







7/7(土)、井荻チャイナスクエア「七夕の夜に星空を眺めて」さのめいみ。さん・椛島恵美さん・上保美香子さん・R!Nさん。鍵盤弾き語りの実力者が集結しました。


七夕の夜、18時ごろは曇りがちで星空は眺められなかったのですが、チャイナのステージの背後はいつも星空の横断幕で素敵な夜に彩られたステージを楽しむことが出来ます。今日はその素敵な夜に相応しい鍵盤アーティスト4人の競演でした。(珍しく初見ゼロ。。)


<さのめいみ。さん>3/10のチャイナスクエア以来2度目。あの時も歌唱力や鍵盤の力に圧倒されてすぐに音源のCDを購入しました。20歳とは思えない実力があります。事前のTwitterではあまりノドの調子が良くなさそうで、出番以外は終始マスクをしておりました。サバサバ系でクールですが、ステージでは熱く豹変します。セトリは終演後ご本人から確認しました。①夏景粧(なつげしょう)②橙 ③オーバードース ④硝子の花瓶 ⑤もういいよ ⑥太陽の歌 持ち時間それほどないステージですが度肝を抜くほど会場を1つにまとめる力を持っています。夏絡みの曲が主体。AメロBメロからのダイナミックな展開が印象の①、和風なバラードの②、③オーバードースとは「過量摂取」の意味。日常のモヤモヤが溜まって爆発する曲。普段のツィートでも何か思うところがある節の投稿が多いさのさん。爆発させて発散してほしいです。④やはりこれも痛々しい曲。心の修羅場を体感しているような。。⑤そんなに頑張らなくっていいよ。大丈夫と語り掛ける。⑥人々の笑顔も犠牲の上に成り立っているという主旨。太陽の陰の存在を忘れてはならないと歌います。光と影のうち、影のほうにスポット当てた描写、またそれをして余りある表現力に感服です。20歳とは思えない老練さ。@Sanomeimi


<椛島恵美さん>3/4のたまプラーザワンマン以来。なんでこんなにブランク空いたかなー不思議でしょうがない。今年から発声障害を克服し、音楽に集中して数々のライブをコンスタントに繰り広げているえみちさん。自分は2015年から えみちさんの曲のYoutube映像にハマってしまい、時を経てこういったステージで活躍する えみちさんを観てみたかった(そう、自分は新規の類い)。活動歴が長い人ゆえ かねてからのファンに隠れて応援している1人です。前回のワンマンは朝香智子さんのPf.サポートだったので、弾き語りは本当に久しぶりでした。

①光へ

②願いごと(新曲)

③音楽

④Love drive

⑤あなたはそのまま

⑥ここから

①この曲はライブではいつも最後に持って行ってみんなで合唱するような曲。今日はそれを敢えて最初に持ってきました。”信じて~自分の力~信じて~自分の心”語り掛けるように、諭すようにえみちさんの声が広がります。伸びるトーン、声の調子、ビブラート、シャクリなどボーカル力は健在。②新曲は今日できたというもの。”僕らの小さな願いごと、連ね重ね明日になる”未来を見つめた元気をもらう歌。いい声です。③まずは手拍子から。そのテンポにノッて「おーんがく、おーんがく、おーんがーく」と楽しい音楽を純粋に楽しもうという曲。えみちさんステージでは欠かせない曲。④続いて指をパッチン、パッチン鳴らしてくださいと。手拍子が聴こえたがそれじゃなく。夜のドライブで聴くのが似合う雰囲気たっぷりな曲。MCでは出だしからやっていなかった自己紹介をここで。「私はシンガーソングライターです」で笑い。いやあみんなわかっていますって。「いろんなところで歌っています」また笑い。それは悪い意味ではなく、えみちさんが音楽の世界に帰ってきたという歓迎の意味を含めてのこと。ここに帰ってきて歌ってくれることをみんな待っていたのです。⑤名曲。”そのままでいい あなたはそのままでいい。怖がらないで 貴方らしく泣けばいい”という歌詞を思い浮かべるだけでこみ上げるものがあります。この曲最高。⑥最後はアップテンポに”今ここから走りだそう 今ここから前を向こう”この曲をリリース後まもなく苦しんでいた自分を解放するかのように楽しく歌う えみちさんとそれを応援する観客の皆さんがひとつになって会場を沸かせました。サビを全員で大合唱。本当に良かった。ただただ感動。それだけでした。@emichi1230


<上保美香子さん>前回はユーカリが丘のフリーライブで2月。半年近く空いてしまった。直前まで体調不良でライブをキャンセルして静養していた上保さん。今日のライブは出演されるということで、大丈夫かと気にしつつステージを拝見しました。「新しい私」「雨が止んだら」「スピカ」「夏の花びら」「Destiny」。1曲目の途中地震警報が鳴り直後に震度。異変を感じつつも歌い切る上保さん。しっとり目でご自身に気を遣い抑えるように歌います。MCでは七夕について。七夕でいつも願いごとを短冊に書きますかという疑問に、これは上保さん以外も言っておりましたが、願いごとは心に留めたいものかな、とも言っておられました。今日は一般的には梅雨の季節ということで雨の歌、または星空に関する歌とこの季節ならではのラインナップ。静かに思いを馳せるようなしっとり目の曲でステージを終えました。その中でやはりDestinyの間奏にあるピアノの凄腕は見逃せない。基礎とキャリアに裏打ちされた技術を感じます。物販も花束や果物が贈られたりと、上保さんを労わるファンの皆さんの暖かさも横で感じておりました。これからも体調を第一優先に活動を続けていただけたらと思います。@MikakoJoho


<R!Nさん>2月の恵比寿天窓、4月の北参道ストロボカフェ以来、3度目。今日の4人の中では唯一の浴衣姿。夏らしくて素敵です。”今夜の織姫”と銘打たれました。「LIFE」一人で生きると孤独を嫌うことの葛藤を歌ったバラード。「シャララ」アップテンポのナンバー。純粋な恋心を歌う。「即興コーナー」は毎回R!Nさんのライブでは恒例。お客さん1人1つずつワードを言ってもらい、3個のワードが入るように即興で歌うコーナー。何か捻りを求められそうで当てられたら恐いのですが。今回は3人から”担々麺””火星大接近””織姫”のワードが出ました。この場所でこの季節ならではです。少しのthinking timeのあと歌われたのはキレイなメロディのバラード。”火星が接近したって、大接近したって”と多少のアレンジを交えてあなたとわたし(織姫)との恋心や担々麺を横で食べてる近しい距離感を歌っておりました(たぶん。即興ですから)。まさにこれから旬の曲「線香花火」、最後は元気に「Music」で。

<アンコール>

W杯で日本代表の頑張りを応援したことに因み、仕事・スポーツ・学校など様々なシチュエーションで踏み出す場面が誰にでもあるが、一歩踏み出せば必ずその先で手を差し伸べてくれる誰かがいる。さあ、思い切っていこうと。@rin_gemie

Enc. STAND UP!


今日の4人の鍵盤弾き語り、皆さん高いレベルの音楽が聴けて 大変貴重な時間を過ごさせて頂きました。それぞれの持ち時間それぞれが聴いてるお客さんの心を全部持って行ってしまい、その世界に没頭させてくれました。物販ではえみちさんにはホントに感動した旨、話しました。R!Nさんにもやっとご挨拶と音源購入できたし、さのさんにも直接絶賛しました。上保さんは物販の列がすごくて対応が大変だったでしょうが、復帰後の体調に配慮しご自愛くださればと思います。この4人にもう1度賛辞を贈りたい!