4/27真昼の月 夜の太陽・今井里歩さん

4/27(金)東新宿真昼の月 夜の太陽「太陽のセレナーデ」kamug69さん・北川さやかさん・今井里歩さん・谷口深雪さん・Usshy's motion.さんの出演。2番手の北川さやかさんのステージからのレポです。

北川さやかさん。滋賀県出身のPf.弾き語り。Per.サポートの多鹿大介さんとのツーピース。ジャズっぽく軽快なリズムとバラード。都会の雑踏が浮かぶドラマチックな歌や、「New moon」では神秘的な新月(ニュームーン)をイメージ。新月に願いを込めた歌。「ペーパードライバー」は滋賀県の地元では車は常用していたが、今はペーパーになっている。交通には気をつけよう、毎日ハンドルを握っていたのは昔のこと。免許の更新は忘れずに。と言葉数が多く滑舌がいい。「戊戌(つちのえいぬ)」干支と十干(じっかん)では今年は60年に一度のつちのえの戌年だそうです。つちのえいぬは"繁栄"と"滅び"という相反するような意味を持つそうです。滅んでは再生という思いも込められているとも。Per.多鹿さんは風笛のような咥えながらの演奏。この笛、後で多鹿さんご本人に訊いたら”ウィンドホイッスル”という名前。そのままでした。。あと何曲かは曲名は聞き取れませんでしたが北川さん、力がありピアノも上手く、アダルトな音楽。気持ちよく聴けました。@sayakalalala

今井里歩さん。4/5以来3週間ぶりのステージ。真昼はワンマン以来の出演です。

1)新しいキセツ-ミチ-

2)sing a song~あなたへ~

3)神様のカード

4)幸せですか

5)good day

静かにピアノの刻みから入り、優しく澄んだ歌声が場内に響きました。久しぶりのステージからか抑えめに、調子を確かめるように歌っておりました。その調子は上々です。MCでは季節の歌にちなみこの曲「新しいキセツ-ミチ-」から。新年度でありスタートの時期のかたも多いと思います。そんな意味での選曲。「sing a song~あなたへ~」は今井さんが初めて作ったという曲。初めて作った曲がこの出来、そして今でも歌われるし最新アルバムにまで収録されているとは完成度が初めからスゴイということ。「神様のカード」はシングル「good day」のカップリング曲。音源ではギター主体ですが今日はPf.弾き語りでしっとりと。キレイなメロディ。「幸せですか」は泣きたい時とか跳ね返される時とか逆境は色々あるけれど”負けないで”と自分自身への応援歌として作った曲。サビはG(Em)だと思うんですけど転調が激しくて難しい曲です。MCでは最近は断捨離をかなり行っているとのこと。思い切って捨てるとスッキリするそうです。未練がある人にはなかなかできない。未練を断ち切ること、決断力が必要ですね。最後は「good day」。今日はいい日だというお客さんは多めでよかった。”ひとつのありがとうを素直に愛しいと思えた”というワードが今日はやけに身に染みた。いい言葉だな。。今日のセットは1st.アルバム「Days」から2曲(幸せですか、good day)、2nd.アルバム「ミチ-sunlight to moonlight-」から2曲(新しいキセツ-ミチ-、sing a song~あなたへ~)、シングルのカップリングから1曲(神様のカード)とバランスのある構成でした。持ち時間もあったと思いますが、いつもの「白い月の裏側」「アルイテユケル」を敢えて封印し「shine again」も来るかな?とも思っておりましたが。それは次回にしましょう。@rihoimai

谷口深雪さん。この人の歌は何度か聴いていますが大地のようにおおらかでと生命力に富んだ歌声はいつも聞惚れてしまいます。「あしたはわらおう」「ソリスト」”泣け~や~ もがけ~や~ 歌え~や~”という歌詞が印象的。人間の原点に立ち返り、魂からの叫びをそのまま綴った歌。「エキストラ」「僕の中の君へ」「5人家族」家族ものの歌を関西弁で歌うのはちとヤラしいとはにかんでおりました。”この町に変えるたびに置き忘れてきた私がいる~母、祖母、父との生活感が滲み自分も昔を思い出しました。ピアノの打鍵が強く生き生きと演奏してくれて、胸に響きます。終演後、初めてよかったですと声を掛けましたが照れくさそうな表情でした。今後地元の大阪に拠点を戻し、関東へは遠征と言う形を取るそうです。@watedazewateda

Usshy's motion.(うっしーずもーしょん)さん。香川県出身鍵盤弾き語り。NHK番組のテーマ曲も手掛けたことがある経歴。セットはフライヤーに印刷して頂いているというなんと親切な!「月の船」「アザレア」「Original」「パラレルワールド」「Step」。「月の船」はジャズ系でピアノの音色・転調が鮮やかな夜が映える曲。オシャレで色気がある歌声です。「アザレア」は西洋ツツジのこと。今日は母親の誕生日とのこと。お母様はお父様とよくこの季節つつじ祭りに行っていたそうです。春風に流れるようなワルツ。続けての「Original」は静かなバラード。「パラレルワールド」はオリンピックに感化されて作ったアップテンポな曲。”僕らを待っているよ 未来が待っているよ”と前向き。ピアノの鳴りが輝いていました。最後は「Step」Pf.からアコギに移って弾き語り。(このアコギ珍しくボディの表面にツマミが付いている)。題名通り、一歩ずつ前に進もう的なアップテンポの曲でした。コード進行B⇒F#⇒F#m⇒B(だったかな?)が印象的だった。http://www.hiro-fun.co.jp/usshy/

アンコールでは、谷口深雪さんをPf.にお招きして「風をあつめて」(はっぴいえんど)。最初違う曲かと思いましたが、まさかの昭和の名曲。一時期自分もはっぴいえんどをよく聴いていた時期がありましたが、玄人ウケする曲なのでしょうか。1コーラス目はUsshyさん、2コーラス目は谷口さん・最後のサビはユニゾンやハモで。Pf.の暖かい音色とGt.のシャープなサウンドが折り重なりました。原曲のもっさり感も大好きですが、お二人の演奏は爽やかでまた風味が違うはっぴいえんどが聴けました。


北川さん・今井さん・谷口さん・Usshyさんの鍵盤弾き語り、それぞれが特長を活かして素敵な音楽を聴かせてくれました。

終演後の物販席で。今井さん、2月以降のライブは月に2~3本と回数を減らしているなか、ブランクを感じないパフォーマンスでした。普段の仕事でも声を使っているわけですし歌の感覚が鈍るということはないでしょう。来月のライブも間が空きますが楽しみです。やはり今井さんの音楽だけを聴ける機会、何かプチワンマン企画ができるといいねなんてファンの方々とも話をしました。今井さんのワンマンとなると大掛かりな余興が盛りだくさんで企画そのものが大変になりますが、純粋に持ち曲だけを歌ってもらうだけでもありがたい。そんなに凝らなくていいから是非そういうのを!

※余興があると逆に声帯が休憩できるのかも。それであればゲストコーナーを設けるとかがいいですね。まあ無理ない範囲で!


ishidukuri(キ リ)'s 音楽ブログ【下書き】

【画像掲載容量制限により下書き扱いとします】転調とコード進行に興味があるやや音楽系。2016年からインディーズ系ライブに通うように。最近は聴き専門。バラード・ボサノバ系が好み。まれに自作(趣味レベル・非ライブ派。速弾き不可のローテク。編曲に興味あり)MIDI打ち込み・弾き語り等。

0コメント

  • 1000 / 1000